パク・ソルミ、ほんとに二児の...
  スエ,“宝石より眩しくて”...さ...
  ソン・テヨン、ほんとに二児の...
  “シック&ボーイッシュ”コ・ジュ...
  少女時代スヨン&ティファニー...
  YGエンターテインメント新社屋...
  「悪の花」イ・ジュンギ...ムン...
  コ・ソヨン、“優雅な美しさ”......
  ウォノ、ニューアルバムが日本...
 
 記事をシェアする        
友だち追加数

ヒョニョン、「イ・ドンウクとのキスシーンは短くて残念だった」

2007/01/17(Wed) 00:15

ヒョニョンは16日午後、ソウル新村メガボックスで行われた映画『最強ロマンス』(監督-キム・ジョンウ、製作ディアルエムエンターテイメント、ファインウォックス)のマスコミ試写会で、「声やスタイルではなく感情に共感できる演技をお見せする」と抱負を明らかにした。

ヒョニョンの初の主演映画『最強ロマンス』は、強力班刑事カン・ジェヒョクと社会部記者チェ・スジンのロマンスを描いた作品だ。ヒョニョンは今回の映画で、情熱と好奇心を抑えることができない楽天的な記者「チェ・スジン」役を引き受け、明朗活発な魅力を見せてくれた。映画の中でロマンチックなシーンが少ないのではないかという質問に、ヒョニョンは「キスシーンが短くて残念だった」と言って笑いを誘った。「イ・ドンウクさんが少し嫌がっていました。私が無理やりしたのですが、イ・ドンウクさんがちゃんと演じなさいと言いながらNGを出して、何度も撮り直した。濃厚なシーンも撮りましたが短いものを使いましたね。それでもすることはしっかりやりました」と語った。

映画の中でカン・ジェヒョク役のイ・ドンウクが、ヒョニョンの声を真似るエピソードに対して、これから他のジャンルやキャラクターを演ずるのに、特有の声が障害にならないかと言う質問には、「それなりに違った演技を見せるため努力する」とし「私だけが感じているのかもしれませんが、『花嫁はギャングスター3』と今回の映画では、随分声を変えて演じました。声や見かけは外見なので、これからは感情で演ずる女優になりたいです。声や外見より感情で演ずるよう努力します」と答えた。スクリーン初主演を引き受け緊張した面持ちで会見したヒョニョンの新しい映画『最強ロマンス』は、来る25日に封切られる。

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24
ハ・ジョンウ「キム・ギドク監督の映画はスポーツ競技のようだ」 2007/01/19(Fri) 08:21
ネチズン“誘拐犯”カン・ドンウォンの“悪役ぶり”に期待大 2007/01/18(Thu) 12:04
『美女はつらい』続編計画はNO! 2007/01/18(Thu) 10:21
イム・ソンオン「私のあだ名は“目が大きい種族”」 2007/01/18(Thu) 08:52
映画『ラジオスター』、ネチズンが選定した“最高の作品賞” 2007/01/17(Wed) 19:07
イ・ドンウク「コメディ演技に対するプレッシャーが大きかった」 2007/01/17(Wed) 13:12
オム・ジョンファ&パク・ヨンウ-イ・ドンゴン&ハン・チェヨン… 2007/01/17(Wed) 11:03
ヒョニョン、「イ・ドンウクとのキスシーンは短くて残念だった」 <<< 2007/01/17(Wed) 00:15
イ・ジョンジェ、映画『飛竜伝』にキャスティング 2007/01/16(Tue) 14:07
ダニエル・へニー、死刑囚の実父を捜す養子役に変身 2007/01/16(Tue) 12:20
チャ・テヒョン、「男版キム・アジュン」になれるか? 2007/01/16(Tue) 10:55
コ・ウナ、撮影現場でチョン・ジュノの愛情独占 2007/01/15(Mon) 22:35
キム・ウォニ「コミカルなイメージ、変えたくない」 2007/01/15(Mon) 20:38
チョン・ジュノ「楽天的な性格のため、コメディに出演します」 2007/01/15(Mon) 13:05
チャ・テヒョン「私の妻は“猟奇的な彼女”」 2007/01/15(Mon) 11:55

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.