シン・ヒョンジュン、元マネー...
  チェ・ヨジン,贅肉のないパーフ...
  ソン・ユリ、花より明るいビジ...
  Rain, ...“とても超えられない...
  カン・ドンウォン、ノーフィル...
  パク・ソダム、人形ビジュアル…...
  トニー・アン、眼鏡+医師ガウ...
  少女時代テヨン、肩に刻んだ華...
  少女時代テヨン、肩に刻んだ華...
  クララ、相変らず...“ホット”.....
 
 記事をシェアする        
友だち追加数

映画『青春漫画』で観客を泣かせて笑わせた名台詞

2006/04/08(Sat) 21:28


13年間来の友達ジファン(クォン・サンウ)とタルレ(キム・ハヌル)の美しくもあり、危なっかしい友情と恋物語を描いた『青春漫画』が、観客たちを笑わせ泣かせた名場面と名台詞を公開し、ホームページとポータルサイトの掲示板を通じて、ネチズンの間で話題になっている。涙が出るほど面白い『青春漫画』というタイトルのとおりに、観客たちが選んだ名場面と名台詞は、お腹を抱えて笑うほどのコミックシーンと、涙腺を刺激する感動的な場面がそれぞれ含まれている。

コミックシーンには断然カラオケシーンが最高!
ネチズンたちが選んだコミックシーンベストは、何といってもクォン・サンウとキム・ハヌルの最高の相性を見せてくれたカラオケシーンだ。お互いしかたなくマイクを持つが、伴奏が始まるやいなや毎日練習していたかのような振付を見せるふたりの主人公。クォン・サンウとキム・ハヌルが、思い出の歌Two Twoの『1と2分の1』を全身を投げ出して歌ったこのシーンは、最高の韓国映画カラオケシーンのひとつに永遠に記憶されるだろう。

一方、多くの観客たちの涙腺を刺激した場面は、タルレがプレゼントしてくれたビデオを見て、ひとりで寂しく泣く場面だ!ジファン(クォン・サンウ)が大きな試練に合い、それに耐えるのが大変で自らを苦しめている時、タルレからもらった映像メッセージを見ることになる。その映像メッセージを見て、自分がどれだけ足らなかったかを悟って涙を流す。このように23日に封切られた『青春漫画』は、単純に笑って楽しむ映画ではなく、心温まる余韻を残す映画として認識され、老若男女を問わず多くの観客たちに愛されている。

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24
アン・チャンボク元老撮影監督、スクリーンクォーター死守1人デモ 2006/04/09(Sun) 15:25
リュウ・スンワンのアクション劇『相棒』が『キル・ビル』に?・… 2006/04/09(Sun) 12:20
「チョン・ジュノ」昨年、恋人と決別、結婚のうわさは事実と違… 2006/04/09(Sun) 10:25
名前のために迷惑メールと誤解? 2006/04/09(Sun) 08:03
映画『甘い、殺伐とした恋人』、口コミでヒットの兆し 2006/04/09(Sun) 01:10
「感動、ヒューマンドラマ」という言葉がぴったりの俳優は? 2006/04/08(Sat) 23:22
チョ・ハンソン、映画『連理の枝』で女心を掴む 2006/04/08(Sat) 22:34
映画『青春漫画』で観客を泣かせて笑わせた名台詞 <<< 2006/04/08(Sat) 21:28
ヤン・ドングン『風のファイター』で来日、舞台あいさつ 2006/04/08(Sat) 14:54
韓国映画の中で子役たちの危険な演技「本当なのか?」 2006/04/08(Sat) 10:28
『タイフーン』、クァク・キョンテク監督、テレビドラマ作る 2006/04/08(Sat) 00:19
3月の映画館街は韓国映画が独占! 2006/04/07(Fri) 21:37
ソル・ギョング、ハインズ・ウォード役にぴったり 2006/04/07(Fri) 19:16
イ・ビョンホン、NHKが実施した「日本人が好きな俳優10人」に選定 2006/04/07(Fri) 15:04
『連理の枝』愛のフォトイベント 2006/04/07(Fri) 12:55

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.