ダニエル・ヘニー、韓国の犬農...
  チ・ヒョヌ「恋愛細胞がたくさ...
  ソン・ジェヒ側「イベント会場...
  『お金の花』チャン・ヒョク、...
  【フォト】ソン・ジェヒ-チ・ソ...
  ナPD、カン・ホドンと共に“カン...
  少女時代出身ソヒョン、セクシ...
  ソンソ、宇宙少女(WJSN)とはま...
  コン・ヒョジン、ハ・ジョンウ...
  『ミュージックバンク』Wanna O...
 
 記事をシェアする          

カン・ドンウォン『映画に人生をかけたい』

2005/09/15(Thu) 14:55


3作目の映画出演になるイ・ミョンセ監督の『刑事 Duelist』でカン・ドンウォンは、「目は演技の鏡」ということをはっきりと見せてくれた。

映画の中で彼が全身で演技した「スルプンヌン(悲しい目という意)」役は、台詞がほとんどない。 正直、体で表現するのは苦手だったというカン・ドンウォン。この作品で彼は変貌を遂げた。

『せりふがほとんどないのが負担でした。だけど意外に、体で演技することが、僕にはよく合っていました。全身での演技をまたやりたいです。』というカン・ドンウォンは、任務なのか、愛なのか、という複雑な刺客の心境を完全に表現した。

「スルプンヌン」は、同じ感情でも少しずつ違うように表現しなければならなかった。ある時は感情を、ある時は動作にポイントを置きながら、微妙な変化を表現しなければならなかった。彼はこの映画ために剣術、モダン舞踊、タンゴを、多い時で1日10時間、撮影が終了するまでの7カ月もの間、訓練したという。「スルプンヌン」の悲しい目は、彼の努力のたまものなのだ。

カン・ドンウォンは『心残りが無いわけではないが、誇れる作品が撮れただけでなく、現場が楽しく、演技がおもしろくて、これからも楽しんでやれるような自信感を得た。』と語った。

公開された輸出額の中で、最高値で日本に販売された映画『刑事』は、カン・ドンウォンを韓流スターとして、更にグレードアップさせることだろう。

カン・ドンウォンは、10月16日にソウルで日本ファンとファンミーティングを企画している。このイベントでは、握手会、写真撮影及びトークショーが予定されている。
© Innolife & Joynews24 & inews24 & NEWSIS
純白の美肌クォン・サンウ、銅色の肌の秘密は? 2005/09/16(Fri) 10:57
アカデミー賞の韓国出品作は『ウェルカム・トゥー・トンマッコ… 2005/09/16(Fri) 08:53
ペ・ヨンジュン & ソン・イェジン主演の『四月の雪』、台湾強打 2005/09/16(Fri) 08:33
「君は僕の運命」涙用ティッシュ、ファンサービス 2005/09/16(Fri) 01:45
映画「刑事」の後にはファンがいる 2005/09/16(Fri) 00:34
クォン・サンウ主演「美しき野獣」メイキングフィルム公開 2005/09/15(Thu) 21:16
クォン・サンウ、『「美しき野獣」の予告編が気になります』 2005/09/15(Thu) 19:00
『オーロラ姫』ポスター、ネチズンの熱い反応 2005/09/15(Thu) 17:34
カン・ドンウォン『映画に人生をかけたい』 <<< 2005/09/15(Thu) 14:55
映画のヒロイン、なまりで人気独占 2005/09/15(Thu) 09:44
俳優チ・ジニ、「べネチア映画祭」のフィナーレを飾る 2005/09/14(Wed) 21:30
アン・ジェモ、民族の英雄ハン・ギルス 2005/09/14(Wed) 19:04
『刑事』、トロント映画祭で好評を博す 2005/09/14(Wed) 18:39
チ・ジ二、べネチアで世界のメディアが注目 2005/09/14(Wed) 16:36
チョン・ウソン、最高美人女優たちとキスシーン 2005/09/14(Wed) 15:33

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.