チュ・ウォン&キム・ヒソン、...
  イ・ヨンエ、14年ぶりに「Cine2...
  パク・シネ、煉炭銀行に2000万...
  Fin.K.Lイ・ジン、ソン・ヘギョ...
  ハン・イェスル、“YouTube開設...
  カン・ハヌル、演劇「幻想童話...
  SM “STATION”リブート、“STATIO...
  外交部、ユ・スンジュン勝訴に...
  防弾少年団(BTS)の50億公演詐...
  ラッパーDok2、アメリカのジュ...
 
 記事をシェアする          

チョンウ、天才作家“興夫”役で生涯初の大作時代劇に挑戦

2018/01/08(Mon) 14:30

[写真:ロッテエンターテインメント]

映画『風』ドラマ『応答せよ1994』でチョンウは全国民から愛される俳優になった。以降、彼は映画『セシボン』で伝説の男性デュオ“ツインポリオ”の第3の人物オ・グンテ役で女心をときめかせたり『ヒマラヤ』でオム・ホンギル隊長の後輩隊員パク・テク役で『再審』では弁護士イ・ジュンヨン役で真正性のある演技を披露しながら、存在感を示した。

このように作品ごとに全く異なるキャラクターと真正性のある演技で観客を引きつけたチョンウが、2018年2月に映画『興夫(フンブ)』を通じて生涯初の史劇に挑戦し、朝鮮最高の天才作家興夫役でスクリーンにカムバックする。

映画『興夫』は筆一本で朝鮮全土を揺さぶった天才作家興夫が他人よりもだめな二人の兄弟からインスピレーションを得て、世の中を揺さぶる小説『興夫伝』を執筆しながら起るストーリーを描いた時代劇映画だ。『興夫』はチョンウ初の時代劇フィルモグラフィーということでより期待されている。

今回の作品でも、ユーモアと真面目さを行き来する特有の演技を見せたチョンウは『興夫』について「すべての観客の方たちが難しがらずに見ることができながらも、俳優たちの濃い感情と深い響きを感じることができる作品」とコメントした。
© Innolife & Joynews24 & inews24 & NEWSIS
『念力』31日公開確定…超能力ポスター2種公開 2018/01/12(Fri) 14:45
ペ・ジョンオク主演『In Between Seasons』2月22日公開確定…女… 2018/01/12(Fri) 13:30
チョン・チェヨン、『ララ』でスクリーンデビュー…San Eと共演 2018/01/12(Fri) 12:00
『それだけが私の世界』ハン・ジミン、キム・ソンニョンと一緒… 2018/01/12(Fri) 06:30
『念力』驚くべきビジュアル、最高の集中度…スクリーンX 封切り 2018/01/10(Wed) 16:30
チョンウからチョン・へインまで…『興夫』、8人8色キャラクター… 2018/01/10(Wed) 16:00
『お嬢さん』、韓国映画初で英アカデミー外国語映画賞候補 2018/01/10(Wed) 06:30
チョンウ、天才作家“興夫”役で生涯初の大作時代劇に挑戦 <<< 2018/01/08(Mon) 14:30
カン・ドンウォン『映画に人生をかけたい』 2005/09/15(Thu) 14:55
映画のヒロイン、なまりで人気独占 2005/09/15(Thu) 09:44
俳優チ・ジニ、「べネチア映画祭」のフィナーレを飾る 2005/09/14(Wed) 21:30
アン・ジェモ、民族の英雄ハン・ギルス 2005/09/14(Wed) 19:04
『刑事』、トロント映画祭で好評を博す 2005/09/14(Wed) 18:39
チ・ジ二、べネチアで世界のメディアが注目 2005/09/14(Wed) 16:36
チョン・ウソン、最高美人女優たちとキスシーン 2005/09/14(Wed) 15:33

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.