カン・ソラ、ヒョンビンとの破...
  チュ・サンウクの妻チャ・イェ...
  チョン・ウソン、チョ・インソ...
  『黄金色の私の人生』今度は超...
  KARA出身ハラ、日本初単独ファ...
  元EXOのクリス、麻薬デマ釈明「...
  カン・ダニエル、ボーイズグル...
  しっかりした演技力-口コミに乗...
  チョン・シア、娘ソウちゃんと...
  イ・スンギ、『花遊記』台本公...
 
 記事をシェアする          

新鋭チェ・ヒソ、映画『朴烈』でイ・ジュニク監督のミューズで強烈な変身

2017/07/09(Sun) 23:00

[写真:映画『朴烈』スチールカット]

映画『朴烈(パク・ヨル)(原題)』が、ボックスオフィス1位(5日現在)を記録して興行成績をあげている。それに伴い金子文子役を熱演した女優チェ・ヒソに対する関心が増幅している。

映画『朴烈』(イ・ジュニク監督)は約90年の歳月が流れた今でも日本政府から徹底して敬遠されている関東大虐殺事件が広まっていた1923年当時、日本の蛮行を全世界に知らせるために命をかけて闘争した朝鮮のアナキスト“朴烈(イ・ジェフン)”と、彼の同志であり恋人“金子文子(チェ・ヒソ)”の信じ難い実話を描いた作品だ。

「私たちの同居しましょう。私もアナキストです」
朴烈との初めての出会いで金子文子(チェ・ヒソ)は明るく笑顔で簡単に忘れることができない話をする。しっかりと話すが金子文子の目には何かわからない悲しみが含まれている。チェ・ヒソの演技力が100%発揮された部分だ。

昨年に公開されたイ・ジュニク監督の映画『空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯』で“久美”役を演じ、少ない出演量にもかかわらず完ぺきな日本語と繊細な感性演技で観客に存在を知らせたチェ・ヒソが、今度は朝鮮独立に先に立って、日本帝国を否定した強靭な女性金子文子を熱演した。

女優チェ・ヒソは映画『空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯』以後、イ・ジュニク監督の選択を受けて直ちに『朴烈』の主演の席を得た。
チェ・ヒソは配役を引き受けることになった時点から自叙伝と日本の新聞など金子文子のすべての記録を探した。これを基に自分だけのキャラクターを構築したという。

一方、女優チェ・ヒソは1987年生まれで、名門延世(ヨンセ)大学とアメリカのバークレー大学で勉強した才媛だ。イ・ジュニク監督は「チェ・ヒソは優れた日本語実力、そしてそれより一層優れた演技力を備えた女優だ。韓国に演技が上手な女優が多いが、“文子”役はチェ・ヒソ以外に考えられなかった。チェ・ヒソはフェミニズムとアナキズム的な面をすべて持っている“文子”役を120%完ぺきに演じきった」と、絶賛を惜しまなかった。
© Innolife & Joynews24 & inews24 & NEWSIS
ハン・ソッキュ主演『お父さんの戦争』監督、2億賃金未払い暴露 2017/07/13(Thu) 08:30
イム・チャンジョンとコン・ヒョンジンとチョン・サンフン、『… 2017/07/13(Thu) 07:30
『萇山虎』うれしい韓ホラースリラー...隙間攻略成功するか 2017/07/12(Wed) 17:00
パク・ソジュン&カン・ハヌル『青年警察』趣向狙撃チャームポ… 2017/07/12(Wed) 13:30
映画『軍艦島』、モノクロカラーのアートポスター公開 2017/07/12(Wed) 06:30
『ロ・ギワン』側、「ソン・ジュンギのキャスティング未定」…ソ… 2017/07/11(Tue) 17:00
ホン・サンス監督の新作『その後』、キム・ミニ単独ポスター公開 2017/07/11(Tue) 16:30
新鋭チェ・ヒソ、映画『朴烈』でイ・ジュニク監督のミューズで… <<< 2017/07/09(Sun) 23:00
カン・ドンウォン『映画に人生をかけたい』 2005/09/15(Thu) 14:55
映画のヒロイン、なまりで人気独占 2005/09/15(Thu) 09:44
俳優チ・ジニ、「べネチア映画祭」のフィナーレを飾る 2005/09/14(Wed) 21:30
アン・ジェモ、民族の英雄ハン・ギルス 2005/09/14(Wed) 19:04
『刑事』、トロント映画祭で好評を博す 2005/09/14(Wed) 18:39
チ・ジ二、べネチアで世界のメディアが注目 2005/09/14(Wed) 16:36
チョン・ウソン、最高美人女優たちとキスシーン 2005/09/14(Wed) 15:33

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.