『セクションTV』パク・ソジュ...
  オム・テウンのいない『フォー...
  『クリミナル・マインド』 NCI...
  “イケメンなうちのテファン”…イ...
  キム・ユンジン、米ドラマに引...
  “楽しい〜”..少女時代スヨン、...
  アナウンサーソ・ヒョンジン、5...
  『最高の一発』ユン・シユン、...
  “どの角度からも女神”…パク・シ...
  楽童ミュージシャン(AKMU)、新...
 
 記事をシェアする        
友だち追加数

チャン・ドンゴン&クォン・サンウ&ピ(Rain)、ワイルドでソフトな“Ubersexual”が台頭

2005/11/22(Tue) 10:59



ワイルドでありながらソフトでハンサムな男性“Ubersexual”が、これからの映画界を支配する。絶えず変化する社会と文化の流れによって、女性が願う男性像も変わっている。

今まで強くてワイルドな男性像“Macho”と、母性本能をくすぐるソフトな美男子“Metrosexual”が2大主流だったが、最近“Macho”と“Metrosexual”の長所を集めた“Ubersexual”が、新しいトレンドとして現れた。

“Ubersexual”は、強靭で自信感あふれる“Macho”な面を持っているが、女性には優しくて感性的な男性像で、“Macho”の感性的ではない面と、“Metrosexual”の懦弱な面を補ったコンセプトで、頼もしさ、自信感、感性的、優しさなどを特徴にする。

最近の映画では、『タイフーン(原題:台風)』のチャン・ドンゴン、『美しき野獣(原題:野獣)』のクォン・サンウ、『ロマンス』のチョ・ジェヒョンらが該当する。

お茶の間のドラマでは、“Ubersexual”という単語を流行させた『プラハの恋人』のキム・ジュヒョクと『このひとでなしの愛』のチョン・ジフンが代表的。

時代が願う男性像によって、映画やドラマの男性も変化している。ロマンチックでソフトな感性と、ワイルドな野性美を兼備した“Ubersexual”の活躍に、注目してみよう。

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24
ハン・ジミン、MBCドラマ「オオカミ」の女性主人公 2005/11/23(Wed) 00:06
ドラマ『春のワルツ』ソン・ユリ出演確定 2005/11/22(Tue) 22:00
ソン・スンホン素材の歌、東南アジア&中華圏で人気 2005/11/22(Tue) 21:40
2006年修学能力試験を控えた高3芸能人 2005/11/22(Tue) 20:13
『王の男』カム・ウソン、1月豪州で挙式 2005/11/22(Tue) 19:26
ハン・ジミン&オム・テウン『オオカミ』で再会するか? 2005/11/22(Tue) 15:30
『プラハの恋人』文化財毀損に対し公式謝罪 2005/11/22(Tue) 12:58
チャン・ドンゴン&クォン・サンウ&ピ(Rain)、ワイルドでソフ… <<< 2005/11/22(Tue) 10:59
月火ドラマ、視聴率大接戦 2005/11/22(Tue) 10:28
俳優チェ・スジョン、大学講壇で特別講義 2005/11/22(Tue) 09:41
『頑張れ!クムスン』映像大典ドラマ部門受賞 2005/11/22(Tue) 01:26
花美男グループ SS501、同じ作品で演技対決 2005/11/21(Mon) 22:41
ソン・ヘギョの香港訪問、大きな関心事 2005/11/21(Mon) 20:21
『私の名前はキム・サムスン』海外からラブコール殺到 2005/11/21(Mon) 19:05
コ・ソヨン、9年ぶりにお茶の間カムバック 2005/11/21(Mon) 17:57

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.