「チョコレート」ハ・ジウォン...
  TOO側「ハンジュン、無断離脱、...
  「アラフォー息子の成長日記」...
  “カムバック”Stray Kids 、フ...
  チョン・ヨンファ、除隊後最初...
  「人気歌謡」IU、カムバックし...
  チャ・イェリョン、あふれるチ...
 
 記事をシェアする          

【スターストーリー3編】パク・ボゴム、掘っても掘っても終わりがない…“美談製造機”

2019/06/02(Sun) 18:30

[写真:Joynews24]

持って生まれた容貌に優れた演技力、正しい性格と誠実さまで備えた国宝級俳優パク・ボゴム。“ラブコール1位”の自他共に認めるトップ俳優だが、「今の人気がなくなったとしても怖くない。この仕事をすること自体が大切で幸せだ」と、感謝することを知っている俳優。同僚の「美談」まであふれる“無欠点スター”。 27歳パク・ボゴムのストーリーを公開する。

俳優パク・ボゴムには“純粋男”、“正しい生活男”というニックネームがいつもついてくる。顔にいっぱいな人のよさそうな笑顔、習慣のように飛び出してくる「ありがとうございます」という言葉、そして謙虚な態度と配慮がにじみ出る行動のおかげだ。

イケメンなビジュアルに優れた演技力、そしてあたたかい性格まで備えたパク・ボゴムだ。作品はもちろん、プライベートな席で彼と親交を温めてきたスターが、彼の優しい性格を自慢して、美談を語り、芸能界代表の“美談製造機”というニックネームも得た。

いわゆる主人公だと撮影現場では傲慢に振り舞う俳優も多いが、パク・ボゴムは撮影現場でも称賛を連れて歩く。

ドラマ「雲が描いた月明かり」で共演したパク・チョルミンは、パク・ボゴムに対して「ポゴムは優しいふりをするのではなく、骨の髄から優しい遺伝子を持っている」と、パク・ボゴムが先輩たちの食事時間を配慮して1人で残って撮影したエピソードを伝えた。 また「撮影がない日にも出てきて扮装スタッフを手伝ったりもしたよ」と話したし、この美談は広く知られた。

パク・ボゴムはインタビューで「個人的に扮装チームのサブをよくやると思う。ただおもしろいからやった。メイクしている室長の目だけ見ても何が必要なのかキャッチすることができる」とし、「その次にはしたくても撮影分量が多くてする時間がなかった」と、残念がったりもした。

ドラマ「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」でパク・ボゴムと熱い友情を誇ったコ・ギョンピョもあるバラエティー番組で「お父さん、お母さんがマッククスの店をオープンした。忙しいスケジュールのせいで僕も行ってみられなかった店にパク・ボゴムが僕に代わってあいさつしに行った」と、“美談”を伝えて出演陣をびっくりさせた。

人々との縁を大切だと考える気持ちで、先輩後輩をあたたかくしたエピソードも多い。

最近あるバラエティー番組に出演した俳優チェ・ウォニョンは、2015年8月放映終了したドラマ「君を憶えてる」で、共演したパク・ボゴムとのエピソードを紹介した。チェ・ウォニョンは「ドラマが終わってパク・ボゴムがハガキをくれた。僕より幼い友達だったが、心遣いが印象的だった」と、話した。また「次の作品が大ヒットした『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』なので、もう会うのが難しいと考えたが、名節のたびにきちんとメールであいさつしてくれる」と、パク・ボゴムの普段の行動をほめた。

2014年ドラマ「本当に良い時代」で共演したキム・ヒソンは「品位のある彼女」放送終了後、インタビューで「パク・ボゴムは怪ししいほど優しい。秋夕(チュソク=旧盆)と旧正月、クリスマスなどをみんなに連絡をする」と、話した。引き続き「最近本人がインターネットで見た私の近況を聞いて安否を尋ねる。毎作品をするたびに『よく見ている』と連絡してくる。私は正直言ってそのようにできないようだ」と、あたたかい美談を伝えた。

「雲が描いた月明かり」で“人気スター”になったが、あたたかい美談は続いた。チョン・ミソンは「睡眠不足だとサインしてあげるのが難しいが、眠たくても先輩たちがお願いすると最後までしてあげる」と話したし、父子役で息を合わせたキム・スンスは当時次期作で褒賞休暇を行けなかったのを語って「ポゴムが1人だけ行くことに対してとてもすまないと思ったようだ。僕に『お父さん、健康に気をつけてください』というあいさつまでした」と、礼儀正しさをほめた。

パク・ボゴムの美談は撮影現場の外でも伝えられた。昨年パク・ボゴムの大学卒業式出席の便りに彼を見るための人波で混みあった。多くの人の中におばあさん1人がパク・ボゴムのそばに近づいたし、多くの人々の間でもしかしておばあさんがケガしたりしないだろうか保護して手をぎゅっと握る姿が目撃されたこと。オンラインコミュニティなどにこのような美談が広がってあたたかさをかもし出した。

あふれる称賛と終わりがない美談だ。 だが優しい男のイメージが俳優としてはひたすら良いことだけではないはず。インタビューの時ごとにパク・ボゴムには“優しい俳優”のフレームや善良なイメージに対する負担感を尋ねる質問が多くなされたりした。

「何か計略を持って誰かは用心深く対するべきで、優しく対するべきだとしたのではありません。負担になるならば、そのような心づもりを持って行動したということだから。今まで僕の信念のとおり生きてきました。正直で明るくて賢く。それと共に道理に従って生きました。ストレスを受けたり強迫観念もないです」

「良い方向で変化できるが変質したくはありません。人はそう変わりません。変化はしたいが変質したくないとう心が常に中心にあります」

(スターストーリー1編)“木洞の好男子”は大きくなって“アジアのプリンス”パク・ボゴムに!
(スターストーリー2編)「ブラインド」キム・ハヌルの弟役パク・ボゴム、原石を掘り出す





© Innolife & Joynews24 & inews24 & NEWSIS
シン・セギョン&チャ・ウヌ「新人士官ク・へリョン」、初めて… 2019/06/03(Mon) 10:00
チェ・ミンス♥カン・ジュウン、息子の高校卒業祝い“私た… 2019/06/03(Mon) 08:30
パク・ボゴム、新韓銀行の新広告公開...“国民彼氏”が提案するか… 2019/06/03(Mon) 07:30
パク・ソジュンの所属事務所Awesome ENT側“キーイースト子会社… 2019/06/03(Mon) 06:30
「ランニングマン」ユ・ジェソク、「グァンスはキム・ウビン&チ… 2019/06/03(Mon) 00:00
「スーパーマンが帰ってきた」ムン・ヒジュン♥ソユルの娘… 2019/06/02(Sun) 23:30
「チプサブイルチェ」イ・ソジン、青森名誉広報大使出身...メン… 2019/06/02(Sun) 23:00
【スターストーリー3編】パク・ボゴム、掘っても掘っても終わり… <<< 2019/06/02(Sun) 18:30
朝鮮通信使行列、大阪祭り参加 2004/10/07(Thu) 11:04
タレント兼DJ、イ・ボンがKBSラジオ「ボリュームをあげろ」のDJ… 2004/10/07(Thu) 09:45
「韓流四天王」特集ドキュメンタリーが日本で放送... 2004/10/07(Thu) 05:29
本を見て遊んで学びます…15日から坡州子供の本フェスティバル 2004/10/06(Wed) 21:33
旌善アリラン祭、世界化の可能性高い 2004/10/06(Wed) 18:05
チェ・ミンシク氏、チョ・セヒョン氏など9人の展示会 2004/10/06(Wed) 16:00
国宝第21号の佛国寺釈迦塔、完全解体補修 2004/10/06(Wed) 15:40

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.