イ・ミンジョン、イ・ビョンホ...
  イ・ピルモ♥ソ・スヨン、...
  「コンビニのセッピョル」キム...
  オム・ジウォン&ハン・ジヘ、...
 
 記事をシェアする        
友だち追加数

ドラマ『大物』製作スタッフは葛藤↓、俳優の演技はフワフワ↑

2010/10/22(Fri) 15:00

熱い人気ぐらい、いろいろ不協和音も聞こえてくるSBSの水木ドラマ『大物』。脚本家、プロデューサー(監督)、製作会社間の葛藤の中でも『大物』は連日自己最高視聴率を更新して視聴率30%の大台を目の前にしている。

脚本家、プロデューサーが相次いでドラマから降板しながらドラマ展開が変わるのではという憂慮もあったのは事実。『大物』の製作会社イギムプロダクション側は「変わることはないだろう」と話したが、『大物』第6話でソ・ヘリム(コ・ヒョンジョン)の突然のキャラクター変化と可能性のない内容展開は視聴者たちを当惑させた。しかし俳優たちの好演が『大物』を守る功労者になった。

◆戸惑う台本…鋭さが消えた


放送序盤、ソ・ヘリムが見せたカリスマは『大物』にはもうなかった。ゆっくりとした優しい話し方と依存的な態度、「私の方式で選挙を行う」と我を張るソ・ヘリムがいるだけだった。その上拉致、スキャンダル記事など短い時間の間に絶えず続いた危機と「雨の中の選挙遊説」で状況を一気にひっくり返す漫画のような解決は不可能性な展開を見せてドラマへの没入を邪魔した。

スピードがあって躍動的な展開で視聴者たちの目をひきつけた『大物』の鋭さはどこに消えたのだろうか。

◆フワフワ飛ぶ俳優たち…コ・ヒョンジョン-クォン・サンウの底力

ストーリーの論理ない展開にもかかわらず、コ・ヒョンジョン、クォン・サンウはキラキラ光った。コ・ヒョンジョン、クォン・サンウはナマ卵を投げつけられるシーンを体当たりで熱演した。卵で全身べたべたになったみすぼらしい姿だったが二人の演技は光った。

水木ドラマ最強者の座を固めに入った『大物』。「視聴者たちの心をさわやかにしてあげたい」というコ・ヒョンジョンの話のように視聴者たちはさわやかな政治ドラマの誕生を待っている。果たして『大物』がドラマ界の『大物』になれるのか見守ってみよう。[写真=SBS画面キャプチャー]

© Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24
イ・ソンギュン、イ・ジョンジン、チョン・ジョンミョン、チャ… 2010/10/22(Fri) 23:29
キム・ジョンウン、捨てられた犬の現実に涙 2010/10/22(Fri) 22:10
スーパージュニア・カンイン、「100日休暇で出てきました」 2010/10/22(Fri) 21:09
ユンホ(ユノ)、「『ポセイドン』の出演、決定ではない」 2010/10/22(Fri) 19:01
故パク・ヨンハの父親パク・スンイン氏、死去 2010/10/22(Fri) 18:48
少女時代の人気に乗ってドラマ『シンデレラマン』日本上陸 2010/10/22(Fri) 17:08
エリック、キム・ガンウ、ドラマ『ポセイドン』の主人公に確定 2010/10/22(Fri) 16:00
ドラマ『大物』製作スタッフは葛藤↓、俳優の演技はフワフワ↑ <<< 2010/10/22(Fri) 15:00
TABLOの学歴疑いカフェ、自主閉鎖および公式謝罪文掲載 2010/10/22(Fri) 14:00
『大物』28.3% 水木ドラマ1位、『逃亡者』11%小幅アップ 2010/10/22(Fri) 13:00
『イタズラなKiss』、理由ある失敗作だった 2010/10/22(Fri) 10:33
キム・ヒョンジュン主演『イタズラなKiss』、5.9%でさびしく終了 2010/10/22(Fri) 09:41
ペ・ヨンジュン、日本出版社に肖像権勝利…6100万ウォン 2010/10/22(Fri) 08:56
急性ウイルスで撮影中断したチャ・スンウォン『アテナ』撮影再開 2010/10/22(Fri) 07:58
ハン・ヒョジュ、「コ・ヒョンジョンのカリスマ、うらやましい」 2010/10/21(Thu) 23:03

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved.