Home > ムービー[映画] > 映画紹介

     映画紹介     
検事外伝(검사외전)
『検事外伝』は、殺人の濡れ衣を着せられて収監された検事が、監獄で会った前科9犯のイケメン詐欺師と手を取って濡れ衣を晴らそうとするストーリー。 題名にある“外伝”から分かるように、最初から最後まで愉快で爽快な笑いがある娯楽映画。
ロボット・音(로봇소리)
映画『ロボット・音』は、10年目に失踪した娘を探してさまよう父親が、この世の音を記憶するロボットを知り、娘の後を追うというストーリー。 
朝鮮魔術師(조선마술사)
映画『朝鮮魔術師』は、「運命に逆らい、より大きな愛を夢見る人々、欲張ろうとする人々、陰謀やアクションが混ざり合った映画」。 朝鮮最高の魔術師を取り巻く愛と対決、全ての運命に逆らうことになる物語を描く。 
捕まえたら生きる(잡아야 산다)
『捕まえたら生きる』は、一晩で何もかも奪われて恥をさらした兄貴たちと、この世に怖い物無しの疾風怒濤の花の高校生4人組の追いつ追われつの追撃戦を描くコミカルアクション映画。  
兄思い(오빠생각)
『兄思い』は、朝鮮戦争当時実在した子ども合唱団をモチーフに、全てを失くした戦場の真ん中で始まった小さな歌の偉大な奇跡を描く映画。 
その日の雰囲気(그날의 분위기)
『その日の雰囲気』はKTXで偶然に出会った鉄壁女とその気になれば何でもできる猛攻男、ムン・チェウォンとユ・ヨンソクがひと晩かけてする恋愛の駆け引きを描いたロマンチックコメディー映画。
大虎(대호)
1925年、朝鮮最高の猟の名人として知られたチョン・マンドク(チェ・ミンシク)は、もう銃を取らないと決めて智異山の山小屋に年老いてから生まれた息子ソク(ソン・ユビン)と2人きりで生活していた。 
ヒマラヤ(히말라야)
ヒューマン感動実話『ヒマラヤ』は、ヒマラヤ登山中に死亡した同僚の遺体を探しに、記録も、名誉も、保障も無い、命がけの旅程の出発するオム・ホンギル隊長とヒューマン遠征隊の胸の熱い挑戦を描く。 
MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 (서툴지만 사랑)
映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 』は、偶然の出会い、惜しくも逃した縁、そしてまた見つけたいすれ違いの恋、恋愛下手の4人の男女に起きるクリスマスの奇跡のような恋を描く。 
一場の夢(어떤이의 꿈)
『一場の夢』は、仁川ペンタポートロックフェスティバルの熱気と生き生きとした現場をそっくり収めたミュージックドキュメンタリー形式とフェスティバルを作っていく主人公らそれぞれのドラマが調和した独特な形式で作った映画。
劇的な一夜(극적인 하룻밤)
ユン・ゲサン、ハン・イェリ主演の『劇的な一夜』は、恋人に振られ、Some(男女がお互いに好感を持っている段階)の関係でも負け犬になる男女が「ワンナイトクーポン」を作ったことで繰り広げられる物語を描いたロマンティック・コメディだ。
情熱みたいなこと言ってるね (열정같은소리하고있네)
『情熱みたいなこと言ってるね』は、就職さえすれば人生が開けると思っていた新入社員のト・ラヒ(パク・ボヨン)が、いつ爆発するか分からない時限爆弾のような上司ハ・ジェグァン(チョン・ジェヨン)に出会って孤軍奮闘する姿を描いたコメディ作品だ。
桃李花歌(도리화가)
映画『桃李花歌』は、1867年に女性にはパンソリが禁止されていた時代、運命にさからって夢を見た朝鮮最初の女流パンソリの唱い手“チン・チェソン”(ペ・スジ)と彼女を育てた師匠“シン・ジェヒョ”(リュ・スンリョン)のビハインドストーリーを描いた映画。
あいつだ(그놈이다)
映画『あいつだ』は、チュウォンとユ・ヘジンが主演の韓国型恐怖を生かした追跡スリラー。 妹を亡くした兄のジャンウ(チュウォン)が、霊が見える少女シウン(イ・ユヨン)が、指摘した犯人の薬剤師(ユ・ヘジン)を追うというストーリー。 
内部者たち(내부자들)
ユン・テホ作家の未完結ウェブ漫画を原作にした『内部者たち』は、大韓民国の社会を動かす内部者たちの義理と裏切りを描いた犯罪ドラマだ。社会の奥深くまで根付いた腐敗と不正を、内部者たちを通じて鋭く暴き出す。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後