Home > ムービー[映画] > 映画紹介

     映画紹介     
探偵 : ザ・ビギニング(The Accidental Detective, 2015)
この映画は、韓国版シャーロック・ホームズを夢見て韓国最大の迷宮入り事件カフェを運営するパワーブロガーであるカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊出身のレジェンド刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)との右往左往犯罪捜査ドラマ。
思悼(사도)
『思悼(サド)』は、いかなる瞬間も王でいなければならなかった父、英祖(ヨンジョ、ソン・ガンホ)と、一瞬でも息子でありたかった思悼(サド、ユ・アイン)の歴史に残るもっとも悲劇的な家族史を描いた映画。
オフィス(오피스)
映画『オフィス』は、職場を背景にして進めた。 この映画は、弱肉強食と、その中で人間の多様な姿をスリラー形式で描き出した。
退魔:巫女窟(퇴마:무녀굴)
映画『退魔:巫女窟』は、精神科の医者であり退魔師でもある“ジンミョン”と、彼の助手“ジグァン”が奇異な現象に悩む“クムジュ”を治療する途中で、彼女の中にいる強力な存在と向き合うことになってから起きる恐怖スリラー映画。
怒れる弁護士(성난 변호사)
映画『怒れる弁護士』は、容疑者はいるが死体も証拠も無い殺人事件、勝訴の確率100%の瞬間に始まった反転に自尊心を踏みにじられたエース弁護士が起こす痛快な反撃を描いた映画。  
豚のような女(돼지같은 여자)
映画『豚のような女』は、1999年の映画『幸せな葬儀師』という作品でデビューしたチャン・ムニル監督の作品という点で、話題の中心となっている。チャン・ムニル監督は、デビュー作でカイロ国際映画祭新人監督賞を受賞し、話題の主人公になったこともあった。
ビューティーインサイド(뷰티 인사이드)
映画『ビューティーインサイド』は、毎朝目を覚ます度に姿が変わる男ウジンと彼を一途に愛する女イスのロマンスを描いている。カンヌ国際広告祭で、グランプリ賞を受賞したソーシャルフィルム『ザ・ビューティーインサイド』が、長編映画として再誕生した作品だ。
治外法権(치외법권)
映画『治外法権』は、怒りを自制できないプロファイラーの“チョン・ジン”とカサノバの殺人課刑事“ユ・ミン”のコンビが韓国を牛耳る法の上に君臨する犯罪組織のボスを捕まえるために無法捜査チームに加わって起きるコミカルなアクション映画。
ミス・ワイフ(미쓰와이프)
映画『ミス・ワイフ』は、順風満帆のシングル弁護士“ヨヌ”が偶然の事故で夫と子ども2人がいるおばさんとして1か月間代わりに暮らすことになって経験する愉快なコミックロマンス。 
俠女-剣の記憶(협녀-칼의기억)
映画は、剣が正に権力だった高麗末、王になることを夢見た男の裏切り、そして18年後、その男を狙う二本の剣を取り巻き、異なる志を持った三剣士の避けられぬ宿命を描く。高麗末は、武臣が支配していた時代だった。
延坪海戦(연평해전)
この映画は、実話を基に制作された。 日韓ワールドカップの熱気で朝鮮半島も日本列島も熱くなった2002年6月のこと。
ベテラン(베테랑)
映画『ベテラン』は、迫真感あふれる演出が優れたリュ・スンワン監督の作品。 映画の大きな流れは、広域捜査隊所属のベテラン刑事であるソ・ドチョル(ファン・ジョンミン)と、彼の献身的な同僚たちの活躍。 
暗殺(암살)
映画『暗殺』は、1933年代の朝鮮半島と満州、そして上海を背景にしている。 当時朝鮮は、日本に合併された状態、相当数の正義漢が祖国を離れて満州や上海などで朝鮮半島独立のために戦った。 
ならず者(무뢰한)
刑事の男と殺人犯の恋人が出会った。
奸臣(간신)
燕山君(ヨンサンクン)11年、1万人の美女を貢いで王を操ろうとする者がうようよ、 それこそ奸臣の時代到来。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後