Home > ムービー[映画] > 俳優紹介

     俳優紹介     
チャン・ドンゴン(JangDongGun. 장동건)
92年、チャン・ドンゴンは父の誘いで放送局採用試験を受け、MBCテレビ21期で芸能界に始めて足を踏み入れた。
オム・テウン(UhmTaeWoong. 엄태웅)
オム・ジョンファの弟として有名になった俳優オム・テウンは、『あきれた奴ら』で映画デビューした後、映画『シルミド』とSGワナビーのミュージックビデオに出演して注目を浴びた。
シン・ハギュン(ShinHaKyun. 신하균)
純粋さと狂気、すべてを持つ演技派俳優
コ・チャンソク(Go ChangSuk. 고창석)
「名助演俳優」彼の名三文字の前に付く修飾語だ。その修飾語を否定する人は多分いないだろう。
キム・レウォン(KimRaeWon. 김래원)
あどけなさと真剣さが共存する俳優
ソ・ジソブ(SoJiSub. 소지섭)
無表情なアウトサイダーの魅力-彼はいつも言葉数の少ない寡黙な役を演じる演技者だ。
キム・ジョンテ(Kim JungTae. 김정태)
「大勢」という言葉がこれほど似合う俳優がいるだろうか。
イ・ヨウォン(LeeYoWon. 이요원)
イ・ヨウォンは聖日女子高校2年に在学中だった97年末、芸能人キャスティングコンベンション「ユマーエンタープライズ」で大賞を受けながら芸能界にデビューした。
シン・セギョン(신세경. Shin SeGyeong)
2011年、忠武路とブラウン管で最もホットな女優を挙げるなら、迷わずシン・セギョンを挙げるだろう。
ホン・スヒョン(HongSuhyun.홍수현)
二十才からただひたすら演技だけに力を注ぎ、女優として着実な歩みを進めてきたホン・スヒョン。
パク・ユチョン(Park YuChun 박유천)
2004年シングルアルバム『Hug』でデビューした東方神起のメンバー。2009年7月に紛争が始まり、今はグループJYJのメンバーとして活躍しているパク・ユチョンは、俳優として成長中である。
ユ・スンホ(You Seungho. 유승호)
6才でデビューして、「演技の神童」と呼ばれたユ・スンホ。2002年映画『おばあちゃんの家』でスポットライトを浴びた子役スターユ・スンホが、グ〜ンと大きくなった。
キム・ギュリ(旧キム・ミンソン)(Kimkyuri. 김규리)
キム・ギュリ(旧キム・ミンソン)は軽快な映画によく似合う。
チャン・ナラ(Jang Nara. 장나라)
ひたすら子供のようなチャン・ナラも、すでにデビュー10年目を越える30代だ。
イ・ジャンウ(Lee JangWoo. 이장우)
KBS週末ドラマ『怪しい三兄弟』と、KBS日々ドラマ『笑ってトンヘ』、この二つのドラマがひき続き人気を得ると、すぐに「視聴率大当たり俳優」という愛称も生まれた。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後