Home > エンターテイメント > newface紹介

     newface紹介     
パク・ボヨン (Bark BoYong.박보영)
赤ちゃんみたいにきれいな肌と純粋な笑顔が美しい新人女優パク・ボヨン。彼女はドラマ『王と私』で廃妃尹氏の子役「ソファ」役で新人らしからない安定した演技を繰り広げ、大衆にその名を知られ始めた。
チュ・サンウク (Joo SangWook 주상욱)
ブラウン管を越えてスクリーンへ!2008年スクリーン期待の星 ドラマ『カクトゥギ』と『チュンジャさんちはお祝いね』で、ブラウン管で広く知られた俳優チュ・サンウク。
ソウ (SeoWoo.서우)
ブラウン管を脱出してスクリーンに背伸び、嘱望される新鋭ソウ アイスクリームのCMでオンチャクダンスを流行させて、一躍スターダムに上った新世代スターソウ。
イ・ヨンフン (Lee YongHun.이영훈)
初めての長編映画『後悔しない』で、「後悔廃人」が話題を呼び一躍スターダムに上った。
キム・ボム (Kim Bum.김범)
『思いきりハイキック』で、意表をついたキャラクターで爆発的な愛を受けたキム・ボム。ドラマの中「ミノ」の友達で、一時「下宿のボム」というニックネームがつくほど、人気のあるキャラクターだった。
シン・ミョンチョル (Shin MyungChul.신명철)
忠北、永同郡に住むシン・ミョンチョルは、同じ年頃の子供たちより思いやりがあり、普通の子役には見出すことの出来ない純粋な姿を持っていた。
コ・ジュニ (Go JunHi.고준희)
第2のチョン・ジヒョンとして脚光を浴びる、傑出した新人コ・ジュニのスクリーンデビュー 制服モデル選抜大会で1位になって芸能界にデビューしたコ・ジュニは、スマートな体格と新鮮なマスクでCM界で顔を知らせれた。
キム・ヨンミン (Kim YongMin.김영민)
1999年ソウル芸術大学演劇学科卒業後、演劇『私から遠ざかるものは小さい(1999)』、『羅雲奎(1999)』、『レディマクベス(2000)』等の演劇に出演して、演劇界に新鋭として注目され始めた。
パク・ヒスン (Bak hisun.박희순)
1990年から10年間、劇団モクファの団員として活動して、安定した演技力を培った彼は映画界に足を踏み入れた後、長い舞台経験があるにもかかわらず端役からゆっくり歩んできた。
チン・ジヒ (Jin Jihee.진지희)
6歳。その年が信じられないくらい演技に対する理解と集中力を見せ、「韓国のダコタ・ファニング」と絶賛されている子役俳優チン・ジヒ。
イ・ヒョンジ (Lee HyunJi.이현지)
「ポケットガール」という愛称で有名な新人イ・ヒョンジが、MBC連続シットコム『コキリ』で生涯初の演技に挑戦する。
イ・フィリップ (Lee PillRip 이필립)
2007年、多くの話題とスターを作って終映したMBC水木ファンタジー史劇『太王四神記』。『太王四神記』は、ぺ・ヨンジュンの立地を固めたきっかけになったが、何人かの新人スターの誕生もあった。
キム・ジソク (Kim JiSuk 김지석)
KBSの連続ドラマ『憎くてもかわいくても』で、ずうずうしいながらも味のある演技を繰り広げて視聴者たちの関心を一身に受けている新人キム・ジソク。
ペク・トビン (Baek DoBin 백도빈)
木村拓哉主演の映画『HERO』で、二名の韓国俳優が目立つ。まず一番目は外ではない韓流スターイ・ビョンホンで、『HERO』に特別出演した。
キム・ドンウク (Park ChaeKyong 박채경)
ヤン・ドングン、パク・ミニョン主演のドラマ『アイ・アム・サム』で、冷たく見えながらもタフなイメージで、パク・ミニョンの親友のミン・サガン役を完璧に消化した新人パク・チェギョン。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後