Home > エンターテイメント > ドラマ紹介

     ドラマ紹介     
向いの家の女
ミニシリーズ[向いの家の女]は、平凡な30代の夫婦の結婚と浮気のハプニングを通じて、21世紀の韓国で'結婚して暮す'と言うことの意味を軽快に見せるドラマだ。
1%のあること
<1%のあること>は既存の日曜の朝ドラが見せてくれた家族中心のコミック劇メインを脱皮、ハイティーンロマンス小説や純情漫画などに見られる‘ロマンス’を取り入れた‘ロマンス劇場’という新しいジャンルを披露する。
ボディーガード (bodyguard)
急変する現代社会で人間が追い求める一番大きな目標は平和で安定した生活だ。
夏の香り
心臓が弱いへウォン(ソン・イェジン)は、運動場で元気に走る学生たちを見て羨ましがるが、急な夕立の中で胸を押さえながら倒れる。
薔薇の垣根
このドラマは、ある母と娘の結婚話だ。未亡人の母と娘が後に先にと結婚して、各自の家庭を築きながら様々な困難に処する。
恋人
オ・ジョンギ弁護士の姉スヒ(イ・ミニョン)、優雅で教養があって美貌まで備えた彼女は、息子を持った親なら誰でもが願う花嫁候補だ。しかし彼女は人知れぬ秘密がある。
スクリーン (Screen)
キム・ソヒョン(キム・テヒ)、芸術映画監督であると同時にソクヨン劇場の社長でもあったキム・ジョンウの一人娘として、幼い時に母親を亡くしたが明朗活発で創意的な感受性まで取り揃えた。
屋上部屋の猫
愛と結婚の意味-シンデレラは幸せだったろうか?
天女と詐欺師
‘正直な人がきちんと暮らせる社会’と言う言葉は、現実とは相当かけはなれている。
私の人生のさや
ドラマ‘私の人生のさや’は個性と価値観が違うオ−ルドチョンガ−、ミスの10年に渡るラブスト−リ−だ。
男の香り
このドラマの原作である小説<男の香り>は去る1996年に空前のヒットを記録したベストセラーで、今も弛まず読まれているロングセラーだ。
ぷー太郎脱出
1.それぞれの問題を抱えた平凡な家族たちの生き様を見せるドラマは多いが、皆が自分なりの肯定的な価値感を守って行くドラマは多くない。
プニ
60年代、戦争によって廃墟となったこの地には、貧乏と飢えだけがあった。
二十歳
皆が人生で一番良い時だという、まさにその年。
君まだ夢見ているのか
いまだ韓国社会に存在する息子と娘に対する偏見、女が夢見る結婚と男の夢見る結婚にはどんな差があるのか、...more

最初  戻る   ... 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 ...   最後