Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆ Dia Tree「ウエディングソングだけで1000回…そのキャリアをしっかり見せます」
◆物議に包まれた2013年、すぐに舞台に戻りたかった
◆30代のセクシー、新しく変身して帰ってきた
◆「セクシーロッカーと感性バラーダー」…キム・ジェジュンの完ぺきな二つの顔
ペク・スンホン、「リトルRain(ピ)? 男性ソロダンス歌手の系譜に続きます」
◆不足な点は無条件に練習…男性ソロダンス歌手の底力を見せたいです
◆北ヨーロッパのコバルト色の白夜に衝撃、今回のアルバムに溶かし込んだ
◆神秘主義ミュージシャンを脱皮した契機は
◆「東洋人初」オーストラリアのオーディション優勝者イム・ダミ、「BoAをまねて歌の練習をした」
◆ 音楽は疎通の道具、声以上のメッセージ
◆ SOLの「音楽への意地」…「社長が反対しても最後まで説得します」
◆「カムバック」MissA、「セクシーな気迫」が変わった
◆ キム・ジェジュン、「デビュー10周年、新しい目標で成長の痛みを体験したい」
◆ キム・ジェジュン、「初めてのフルアルバム、全曲に愛を表現した理由は」
◆ シン・スンフン、「バラードの皇帝、今や別の名称を望みます」
◆ シン・スンフン、「23年間の音楽での孤独な道、降りる時も格好良くしたいです」
◆ユン・ジョンシンとコラボした理由? 声を探してくれるという信頼があった
◆デビュー17年、華やかさに疲れて仕事を止めようともした
◆“カムバック”紫雨林、「9thアルバムの制作作業、エベレストに登った感じ」
◆ 紫雨林、「40代バンドになっても青春を歌いたい」
◆ IU、「国民の妹? 変身が受け入れられる歌手になることを」
◆ Busker Buskerシンドローム、叙情的音楽+アナログ感性
IU、Busker Busker、T-ARA…秋夕が終わった歌謡界、スターたちの戦争

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後