Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

     シネマスペシャル     
チェ・ソングク、『僕のナンパノウハウは果敢なキス』
最強のコミックカップル誕生を予告するチェ・ソングク-シニ主演の映画「救世主」のチェ・ソングクが自分だけの「ナンパノウハウ」を公開した。
「ラブトーク」、愛の前にもじもじするやるせなさ
サニー(ぺ・ジョンオク扮)はアメリカ・LAで男の体を触りながら生きて行く。彼女が経営するマッサージショップは生活の基盤であると同時に逃避先だ。
スクリーン、タフ男たちが群がって来る
スクリーンの男たちが強くなっている。ソフトでかわいい花美男たちの威勢にたじろいだ男性美がまた頭をもたげているのだ。
ファン・ジョンミン、変身の鬼才「演技は僕の運命」
あいにくにも去年9月に結婚した以後、彼の活動がもっと旺盛になったから、一家族の家長になったという責任感が彼の演技活動を督励するのではないのという推測さえしてしまう。
ユン・ジンソ、おぼろげな初恋のような女
誰もが持っている初恋の記憶、今初恋の女(ひと)に会ったらどんな姿をしているだろうかなんとなく気になってくる。
「野獣」リュ・スンボム、『僕の人生にコンプレックスはない』
今度公開された「野獣と美女」がどんな意味なのかもっともらしい言葉一言を期待して質問を投げると帰って来る言葉は「かんこどりは鳴かさない」という率直な返事だった。
「オーロラ姫」オム・ジョンファ-ムン・ソングン、一番期待されるカップル
映画社側によればポータルサイトDaumで進行されている「10月に一番期待される映画の中のカップル」というアンケート調査で12日現在「オーロラ姫」のオム・ジョンファ-ムン・ソングンが1位を走っている。
「殴られて、けがをして、ダイエットして」、スターはつらいよ
けがをして殴って殴られて、殺人的なダイエットまで...俳優たちの苦難がひどい。
チョン・ミソン、『今までの夫役の中でソン・ガンホさんが一番記憶に残る』
劇場前、メピウスのしっぽで編んだ映画と現実
ホン・サンス映画は残忍だ。この言葉に同意をする人だけが敢えて彼の映画をまともに見ていると言いたい。
その年の夏(2006)
ジャンル:メロ/愛情/ロマンス、ドラマ 出演:イ・ビョンホン、スエ 海外等級:NR

最初  戻る   ... 21 22 23 24