Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

     シネマスペシャル     
王の男イ・ジュンギの魅力
大型スターの出演が無くとも高空行進を続けている映画<王の男>。この映画で燕山君の寵愛を得る芸人「コンギル」役を魅力的に消化したイ・ジュンギがスポットライトを集めている。
ムン・ソリ、「私、コミカルな演技、自信あります」
演技派女優のムン・ソリがコメディーへの自信感を明らかにした。ムン・ソリは新しい映画『女教授の密かな魅力』のミニドキュメンタリーで正直な気持ちを打ち明けた。
イ・ボムス「出演料より作品が先」
イ・ボムスは去年10月から約三ヶ月間秘密に『チャクペ(仮題)』と言う映画を撮った。来る夏に封切り予定である『チャクペ』は『阿羅漢-掌風大作戦』と『拳が泣く』のリュ・スンワン監督が演出と主演を兼ねた作品で、今までたくさん見て来た全羅道や慶尚道ではない忠清道のチンピラの世界を扱っている
韓国映画ヒットコード、「死んでこそ生きる!」
主人公が死ぬとヒットする?韓国映画『王の男』が歴代のヒット順位を更新してヒットレースをしている中で、映画のヒット作の共通点が目を引く。
韓流スターのチョン・ジヒョン、ナレーターに変身
‘韓流スター’のチョン・ジヒョンがナレーターに。チョン・ジヒョンは映画『デージ』で演技のみならずナレーター役も引き受けて一味違った魅力をプレゼントする。
チェン・カイコー、「韓国人はチャン・ドンゴンを誇らねば」
「九百万の観客が劇場に集まったのは全てチャン・ドンゴンさんの力です」武侠ファンタジー『ThePromese-無極-』のマスコミ試写会が19日の午後、ソウル中区忠武路大韓劇場で行なわれた。
運動選手出身の俳優、スクリーンを縦横無尽
「テクノゴリアテ」チェ・ホンマンのハリウッド進出の情報が知らされた中で運動選手出身の俳優が新年のスクリーンを縦横無尽に駆け巡って関心を集めている。
チョ・イジン、“きれいに見えることはあきらめた”
“きれいに見えようとするのはあきらめました” さわやか美女、チョ・イジンが特有の洗練美をあきらめて、地味な北朝鮮娘に変身する。
ファン・ジョンミン、ユジテ、ソル・ギョング、「体作りの達人!」
去る一年、芸能界の一番顕著な話題の種は断然“体”だった。健康で美しい体への熱風はダイエットとモムチャン芸能人の人気、ダイエットと関連したビデオと図書出刊に至った。
不敵なソン・ヘギョ、チョン・ジヒョン。「アクション代役必要ない!」
忠武路に不敵な女優たちが浮かんだ。スタントと代役を拒否した男性俳優のエピソードが話題になったら、今度は女優たちも勇ましい面を見せている。
ヒョンビン、『マラソン2撮りました』
「『マラソン2』を撮ると思ってました」人気スターのヒョンビンが女優を背負って無心に走った。
本当のクォン・サンウは誰だろう?
『美しき野獣』と『青春漫画』、二つの映画の中のクォン・サンウを見た人なら誰でもこう言うだろう。来る1月封切りを控えたノアール『美しき野獣』と現在追いこみ撮影中のロマンチックコメディー『青春漫画』。
韓国映画ブロックバスター時代、100億大作減らして
2005年韓国映画は規模の面でわずか2〜3年前に比べて急速に成長した。100億ウォン台の製作コストを投入したチャン・ソンウ監督のSF映画『マッチ売りの少女のジェリム』が悽絶な興行惨敗を記録しながら大きな映画への渇きはしばらく二の足を踏むように見えた。
パク・チャンウク監督、「イ・ヨンエが持つスター性を最大限に活用した」
「私たちがよく知っているイ・ヨンエと、見知らぬイ・ヨンエの姿を最大限に活用しました」上半期の映画市場の危機を静めた下半期の韓国映画の突風の始発点となった話題作「親切なクムジャさん」が来る20日にDVDで出市される。
チャン・ドンゴン、『性格派俳優になりたい』
美男トップスターチャン・ドンゴンが大作「タイフーン」で1年ぶりにスクリーンに帰って来た。目立つ外貌で一躍青春スターとして注目された彼が遠い道を回って海洋ブロックバスター「タイフーン」で帰還した。

最初  戻る   ... 21 22 23 24   最後