Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

     シネマスペシャル     
再び悲恋の女性になったチェ・ジウ
日本列島を熱狂させた“ジウ姫”ことチェ・ジウが、映画 『連理の枝』で帰って来た。日本ではすでに彼女が出演した『連理の枝』のロケ地を訪問する観光商品まで発売開始された。
キム・ユミ“他人が行かない道に魅力を感じて”
きれいに結った髪、長細い顔のライン、きれいな韓服がよく似合う良家の集箱入り娘。キム・ユミに対するイメージはそうだった。
ソン・ヘギョ『ファムファタール黄真伊』になる
ソン・ヘギョ(24)が映画『黄真伊(ファン ・ ジニ)』の主演を引き受けた。ソン・ヘギョはチャン・ユニョン監督がメガホンを取った『黄真伊』のタイトルロールを引き受けてイメージチェンジに挑戦する。
『国境の南側』分断映画の新しい始まり
愛する男女が婚約をした。しかし避けられない別れ。男は新しい女を迎えて家庭を成したが婚約者を忘れられない。
ソ・イヒョン、チョン・ウソン先輩の相手役で本当に良かった!
ソ・イヒョン(22)が、中学の頃から好きだったチョン・ウソン(33)と共に映画出演した所感を明かした。
チェ・カンヒ キャスティング裏話
ロマンチックスリラー『甘く、殺伐な恋人』のソン・ジェゴン監督が、ヒロインにチェ・カンヒをキャスティングしたことはラッキーだったと、その裏話を打ち明けた。
チ・ジンヒ-ヨム・ジョンアの 『古い庭園』、クランクアップ
メロー映画 『古い庭園』が去る6日クランクアップした後、後半作業に突入した。
チョ・スンウ「『とかげ』は私たちの恋愛談ではありません。」
「私たちのの恋愛談を扱った映画ではないでしょう」俳優のチョ・スンウが恋人カン・ヘジョンと共に撮影した映画『とかげ』に対して二人の関係から離れて演技は演技なだけだという点を明らかにした。
チョン・ウソン、“‘プリティーウーマン’ リチャードギアー役がして見たい”
“もう愛も身分も上昇したいです”映画俳優チョン・ウソンが新しい映画 『中天』の中国ロケで、これからは純粋な愛を映画の中で演技して見たいと、例のソフトなほほ笑みを浮かべた。
ムン・ソリ、「ベッドシーンは心を脱ぐ作業」
「ベッドシーンの撮影自体より映画を撮り終えてから語ることが好きな人たちやマスコミがストレスになって私に傷もつけます」
『マイ・キャプテン キム・デチョル』で帰って来たチョン・ジェヨン
今年で俳優生活10年を迎える俳優チョン・ジェヨン(37)。ちょっと田舎臭い印象を漂わせていわゆる「花美男(ハンサム)」とは距離があるが彼は続けざまにスクリーンの主演を引っつかみながらヒット俳優の班列に昇った。
パク・チュンフンvsファン・ジョンミン、誰が刑事に似合う?
犯人を捕まえるために全身を捧げた熱血刑事(‘情け容赦なし')から新米刑事(‘トゥーカップス2')まで多様な刑事役をこなしたパク・チュンフンが、新しい映画‘強敵'で再び人生に疲れた暴力系刑事として帰って来る。
チャン・ドンゴン「女性はルックスより人柄が重要」
「女性のルックスではなく人柄と内的な修養を重視します」俳優チャン・ドンゴンが女性に会うのにルックスよりは人柄と内的な美しさが重要だと明らかにした。
作業男は行き、誘惑女群がる
去年の映画界が“作業”に凝ったら、今年は“誘惑”に陷る見込みだ。去る2005年の映画館通りが男たちの“作業の年”だったら、2006年は女達の誘惑で砲門を開く。
イ・ウンジュなど 夭折俳優、作品再放映の熱い熱気!
イ・ウンジュの1周忌を迎え映画専門のケーブル放送OCNはリバー・フェニックス、ジェイムス・ディーン、レスリー・チャンなどの若くして亡くなったスターたちの作品を振り返る時間を用意した。

最初  戻る   ... 21 22 23 24   最後