Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

     シネマスペシャル     
芸能人、「熱愛&熱愛説」の終りは?
「今、付き合っている人がいない?」芸能人の最も多い嘘の中の一つだ。男でも女でも「相手がいる身(?)」が明きらかにされて良い事は全くない。
「酒思派」カン・ドンウォン、ソン・ヘソン監督に学んで爆弾酒の大家に
‘花美男’のカン・ドンウォンが酒思派となった。普段の酒量がワイン1〜2杯にしかならなかったカン・ドンウォンは、映画『私たちの幸せな時間』を撮影しながら左党になってしまった。
ペ・ヨンジュン-クォン・サンウ対照的な韓流戦略
“韓流双頭馬車”ペ・ヨンジュンとクォン・サンウの違った戦略が視線を集めている。ペ・ヨンジュンは国内で韓流ファンを引き入れて、クォン・サンウは直接海外に出て韓流ファンの集いに出た。
ペ・ヨンジュン-チョン・ジョンチョル、プロ写真作家顔負け!
一挙手一投足が大衆の関心事である人気芸能人たち。その中でプロ並みの写真実力を誇る人々が意外に多い。
クォン・サンウ...「まだ結婚は考えてない」
来る19日、日本で公開する映画『青春漫画 僕らの恋愛シナリオ』のプロモーションのために最近日本を訪問したクォン・サンウは、現地のある映画関連マスコミと30歳を迎えた心境とこれからの目標、結婚観に対してインタビューした。
最短期間500万人突破目前、映画『グエムル』、その怪力の秘訣は?
映画『グエムル-漢江の怪物-』が忠武路の興行記録を順に飲みこみながら疾走している。封切り初週の四日の間におよそ263万人の観客を動員してスターとした大ヒットの疾走は4日に観客500万人を越えそうな展望だ。
30代女優の生存法
30代女優たちの力が力強い。年を取れば助役に押し寄せられるのが長い間の“慣習法”だったが、彼女らは四十を目の前にした年齢でも地上派放送3社の人気ドラマを思いのままに翻弄して、堂々と主人公に直立している。
パク・ヨンウ、豪快な笑い声のお陰で映画キャスティング!
好感の行く男、パク・ヨンウが特有の豪快な笑い声のおかげで映画『ホロビッツのために』にキャスティングされた事実が知られた。
コ・ヒョンジョンと出会ったホン・サンス監督「ベッドシーンが変わった!」
ホン・サンス監督のベッドシーンが変わった。ホン・サンス監督とトップスターのコ・ヒョンジョンの出会いで話題を集めた映画『海辺の女』でホン監督が以前とは違うスタイルのベッドシーンを見せたと知られて注目を集めている。
キム・スンウ、二つの作品でコ・ヒョンジョン-ジャン・ジニョンのイメチェンパートナー
俳優キム・スンウが二人の美女女優のイメチェンパートナーとして忙しい日々を過ごしている。芸能界復帰後スクリーンに挑戦するコ・ヒョンジョンと、デビュー以後都会的で知的なイメージを守って来たジャン・ジニョンのセクシーなルームサロンホステスへの変身に力を加えている。
ソン・ユナとイ・ボヨンの魅力は
ソン・ユナの魅力は、清純で知的なイメージである。映画『不朽の名作』『愛を逃す』、ドラマ『ホテリア』などで見せた彼女の姿は、このようなイメージを大衆の心に刻みこんだ。
チャン・グンソク、“これからは俳優という後書きが欲しい”
「初映画を終えたら、俳優という後書きがほしくなりました」 次世代美男俳優チャン・クンソクが俳優というタイトルに欲心を現わした。チャン・クンソクは韓日合作 『chaksinfinal 』に初スクリーンデビュー戦を行った。
チョ・インソン、五番目の映画でワントップで興行挑戦
ユ・ハ監督 『卑劣な通り』で外れ三流暴力団ビョンドゥに扮したチョ・インソン、2年半ぶりにスクリーン再挑戦、すぐにでも涙が流れそうだったチョ・インソンの目つきが鋭くなった。
オ・ジホ、「これからは美男俳優の代わりに演技派俳優」
映画『花嫁はギャングスター3』でデビュー後、初のヤクザ演技を引き受けて香港スターのスー・チーと演技の呼吸を合わせる事になったオ・ジホが、ちゃんとしたヤクザ演技を見せてやると決意を見せている。
ソン・ユナ「肉がちょっと剥がれたくらい!」闘魂
映画女優ソン・ユナが映画『アラン』でタフなイメージで登場する。捜査課刑事『ソヨン』を引き受けたソン・ユナは、格闘技体育館で汗を流しながら猛訓練するシーンを通じて新しい姿を見せてくれる予定だ。

最初  戻る   ... 21 22 23 24   最後