Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

     シネマスペシャル     
Rain(ピ)のキャスティングにまつわる秘話
パク・チャヌク監督が、全羅北道全州市コサ洞のメガボックスで開催された全州国際映画祭シネトークのイベントに参加して映画『サイボーグだけどいい』のキャスティングにまつわる零れ話を打ち明けた。
イ・ビョンホン - 木村拓也ファン、200人余りがタクシー貸切で撮影現場を応援
二人の韓日トップスターを応援するために「タクシー貸切団」が浮上した。金曜日(27日)に釜山で映画『ヒーロー』を撮影しているイ・ビョンホンと木村拓也を見るために韓国と日本のファンがタクシーを貸切って移動するなど、優れた機動力と情報力を誇って話題になっている。
パク・シネ「一人二役」熱演!
2007年初の史劇恐怖<伝説の故郷>のヒロインで熱演したパク・シネが新世代ホラークィーンの誕生を予告している。
パク・チャヌク監督「一時、イ・ビョンホンは忠武路のキャスティング忌避俳優だった」
KBSドキュメンタリー『水曜企画』イ・ビョンホンの『世界を開く』編の放映話題のパク・チャヌク監督が映画俳優イ・ビョンホンの映画草創期時代に対する忠武路の評価を紹介して目を引いた。
キム・アジュン“ボディー管理秘法はココア一杯”
女優キム・アジュンがボディー管理秘法を公開した。キム・アジュンは最近進行されたケーブルTVオンスタイル『スタイルマガジン』録画で、自分のボディー管理秘法にココア一杯とローヒールを指折った。
30大女優どうして美しいか
スクリーンごとにきれいな肌に魅力的な目鼻立ち、Sラインのボディラインと洗練されたファッションを供えた女優があふれている。
ユン・ジンソ、二十歳のオールドボーイのヌード演技は大変だった
ユン・ジンソが『オールドボーイ』に出演することになった隠された事情を公開した。
キム・ヘス、露出を阻め
映画『浮気するのにいい日』の製作報告会に参加したセクシースター、キム・ヘス(37)の露出を遮るために警備員の間に警戒令が下りた。
ムン・グニョン、果たして「物議の芸能人」か?
国民の妹ムン・グニョン。1987年生まれの彼女は今年に満二十歳になる。末っ子のように親しみあるイメージだったムン・グニョンが、いつのまにか中高生にはお姉さんになるほど成長した。
イ・ドンゴン日本の新聞とインタビュー、「愛に国境があるでしょうか」
日本で公式ファンクラブを発足したイ・ドンゴンが日本のスポーツ新聞とのインタビューで日本のファンへの感謝の気持ちを伝えた。
チョ・ドンオ監督「キム・テヒは潜在力が優れている女優」
「キム・テヒはたいへんな潜在力を持つ女優です」 映画『中天』を演出したチョ・ドンオ監督が今回の映画で初めてのスクリーン進出に挑戦したキム・テヒへの賞賛を惜しまなかった。
キム・アジュン「スエの善良な顔が羨ましくて」
「スエさんやグ・へソンさんのような顔立ちだったらと思います」 八頭身美女キム・アジュンが内心羨ましい外貌があることを打ち明けた。
『タチャ(いかさま師)』のチョ・スンウ、チャン・ドンゴンの代打
もしも<タチャ(いかさま師)>のコニがチャン・ドンゴンだったら?チョンマダムもキム・ヘスではなくヨム・ジョンアだったら?
チョン・ジュノ、ガールフレンドとの通話料「一晩600万ウォン」
映画俳優チョン・ジュノがガールフレンドとひと晩でおよそ600万ウォン分の国際通話をした事実を公開した。
ペ・ヨンジュンの子役ユ・スンホ
13歳のユ・スンホのそばには、通常の子役俳優のように後に付いて面倒を見てくれる家族がいなかった。マネージャーがいなければ自分の意見もまともに話せない最近の若い俳優たちよりも、ずっとしっかりして堂々としてる。

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後