Home > ムービー[映画] > Dr.Movie 自由コラム

     Dr.Movie 自由コラム     
目を隠さずに見ることのできる人は100%いない!
結論的に映画『悪魔を見た』は、誰にでも推薦することはできない難しい映画だ。
今年の夏最高の感性アクション!映画『おじさん』
妻を失った悲しみのために、世の中に背を向けて生きる質屋を営むテシク(ウォンビン)。品物を預けに来る人と、隣りに住むソミという少女だけがテシクの質屋の客だった。
ここ、この人たち、いったい何なのか?!
都市生活に嫌気がさしたへグク(パク・ヘイル)は、勘当されて20年間絶縁状態だった父、ユ・モクヒョン(ホ・ジュノ)の訃報を受け、父が居住してきた田舎の村を訪ねる。
娘を失って…私は死んだ 映画『破壊された男』
娘を失って…私は死んだ 映画『破壊された男』神への信頼で幸せな家庭を築いて暮らしている牧師チュ・ヨンス(キム・ミョンミン)。そんなある日、娘ヘリンが誘拐される事件が発生する。
『砲火の中へ』、何と言ったらいいか…?
結論から言えば、『砲火の中へ』はあまり長所を言う事が出来ない映画だ。
『春香伝』、本性を表わす!
「巷のチンピラ世界の第一人者イさん」と呼ばれる房子(キム・ジュヒョク)が、「通俗小説の第一人者」セク・アンギョン(コン・ヒョンジン)に会って春香(チョ・ヨジョン)と夢竜(リュ・スンボム)の間にはさまれた自身の過去を小説化して欲しいと頼むオープニングから出発するキム・テウ監督の新作『房子伝』は『恋の罠-淫乱書生-』のように口から口へ伝えられる口承文学のニュアンスを積極的に活用している。
破格的な露出?それが重要ではない!
映画『下女』の前売力は、少なくとも予告篇で露出された破格的なシーンが、ほぼ50%以上を占めていたといっても過言ではないだろう。
王は民を捨て、民は王を捨てた。 映画『雲から抜けた月のように』
映画『雲から抜けた月のように』は、1592年壬辰倭乱(文禄・慶長の役)直前の朝鮮を背景に展開する。 倭軍と対抗しない官軍の代わりにファン・ジョンハク(ファン・ジョンミン)、イ・モンハク(チャ・スンウォン)は、平等な世の中を夢見て「大同契」を作る。 しかし王は彼らを謀逆者だと追い立てて「大同契」を解散させる。
対策なしに愉快に家を出た男たち
チ・ジニ、ヤン・イクジュン、イ・ムンシク主演 音楽評論家ソンヒ(チ・ジニ)はラジオ生放送中に「妻に離婚しようと話す計画を公開する浅はかな男だ。
彼らの恐れを知らない愛が始まる!映画『暴風前夜』
優れた能力を持った料理人スインは、浮気した妻を殺害したという寃罪の終身刑で、監房で服役している。スインは妻を殺害した内縁の男に会うために、何度も脱獄を試みた。そして新しい収監者サンビョンに関する釈放の噂を聞いたスインは、サンビョンが釈放された理由が気になって度々サンビョンに接近を試みる。
映画『秘密愛』、何が真の愛なのか?
『秘密愛』は「破局の愛」というテーマで、三人の男女のどうにもならない選択と、絶望の末に選択した愛が描き出す葛藤、そして破格的なベッドシーンまで…、観客の目をひきつける映画だ。
映画『義兄弟』、ソン・ガンホ-カン・ドンウォン絶妙な組み合わせ!
義兄弟、お互いに対して知り、情を感じ、そしてその感情がお互いのための感情に変わって…一緒にいれば、あえて男女間やそのようなことを問い質さなくてもなじむ。
あなたも誰かの人生を反復している!『平行理論』
最年少部長判事に任命されたソッキョン(チ・ジニ)は、誰もが羨む美貌の妻と可愛い娘がいる一家の主だ。記念パーティーをしていた途中、おかしな電話を受けてからソッキョンの周辺には異変が起こる。
傷を包み込んでくれる感動のハーモニー
映画『ハーモニー』 キム・ユンジン、ナ・ムニ、カン・イェウォン主演 夫からのDV(ドメスティックバイオレンス)と疑妻症(妻の異性関係を疑う症状)に苦しめられ、誤って夫を殺してしまい10年の刑を宣告されたジョンへ(キム・ユンジン)は刑務所で息子ミヌを産んで育てるが、18ヶ月後には養子に出さなければならない。
華やかなロマンスは去った!映画『パパは女の人が好き』 
甘いロマンスを夢見ていた美貌のフォトグラファーソン・ジヒョンに、息子ユビンが現れて巻き起こる物語!!

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後