Home > ムービー[映画] > Dr.Movie 自由コラム

     Dr.Movie 自由コラム     
失くした瞬間、あなたは標的になる-映画『携帯電話』
現代社会で“携帯電話”は単純に通話という1次元的概念を越えて、一個人のプライバシーをそっくり覗くことができる“存在感”ある物に変化した。
生き残りたいなら誰も信じるな、映画『マリンボーイ』
『マリンボーイ』は海の王子ではない。その反対で海の供え物になりやすい運命だ。
遺憾な都市を平定しに彼らがやってくる!
『頭師父一体』で大きな笑いを送ったチョントリオが、『頭師父一体』を経て再び一つになった
麻薬、整形、セックススキャンダルより恐ろしいスピードオーバースキャンダル
徐々に初めての性体験年齢が早くなり、また各種媒体を通じた性解放の風潮の中、このような世相を反映した映画が出てくるのは極めて当然のことかもしれない。
愛したい女の狡猾な“知らないふり”ショー、映画『甘い嘘』
映画甘い嘘でパク・ジニが演じるハン・ジホは、それこそドラマチックなキャラクターだ
メロー映画『霜花店』、チョ・インソンの魅力的な身体を見るのであれば?
『マルチュク青春通り』『卑劣な街』などを制作したユ・ハ監督が、再びチョ・インソンと一つの作品を制作した。
想像を超越した朝鮮最高のヒーローがやってきた『1724 妓房乱動事件』!
朝鮮王朝の記録にはとても記録することのできなかった、想像を超越した朝鮮ビハインドストーリー。
愛には失敗はない。愛は完成ではなく、そのすべての過程に意味があるから。
『オールドボーイ』のユ・ジテ、『エデンの東』のイ・ヨニ、『コーヒープリンス1号店』のチェ・ジョンアン、そして人気アイドルグループ「スーパージュニア」のカンインまで。
失望しない映画『美人図』
250年ほど前、朝鮮の女性を絵の中心に配置する、その当時としては考えられない絵が現れた。
『妻が結婚した』-設定が実に面白い。そして痛快だ
設定が実に面白い。そして痛快だ
映画『モダンボーイ』に対する、イノライフなりの回顧…(모던보이)
映画の魅力は自由な想像力だ。
悲しい夢の物語、映画『非夢』
『非夢』は悲しい夢の物語だ。
映画と現実を区分するのはアクションのリアリティー、映画『映画は映画だ』(영화는 영화다)
あちこちに布石されたユーモアコードと、ノワール的なアクションの爽快感だけでも、十分に楽しむことができる映画だ。
果たして本物なのか?どこまでが真実?(신기전)
映画『神機箭』は制作初期、チョン・ジェヨンとハン・ウンジョンが主役を演じ、アン・ソンギとホ・ジュノが助演を引き受けて話題となった。
『ここよりどこかに』、猛烈に夢を追いたい青春の自画像 (여기보다 어딘가에)
やりたいことは多いが、いざとなるとできない26才。夢をあきらめるにはあまりに早く、夢に固執するには遅すぎる26才。映画『ここよりどこかに』は26才の話だ。

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後