Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
『人間中毒』ソン・スンホン「ベッドシーン、自信はあったが苦労した」(インタビュー)
俳優ソン・スンホンが、映画『人間中毒』で初の露出シーン演技に挑戦した内情を告白した。「演技人生の中で最も慌てた日だった」と打ち明けながらも「その前後のソン・スンホンを変えた経験」だと特別な意味を付与した。
ソン・ジェリム「寡黙、カリスマですって?実際は天然で明るいんです」
寡黙な護衛武士、カリスマキラー、そして少林武術の達人に至るまで。この上なく男性的な役を演じてきた俳優ソン・ジェリム(29)が「甘くて胸ときめくロマンス物を撮りたい」と打ち明けた。
BoA「芸能人と恋愛?私が嫌がっている場合じゃないでしょう」
14日、ソウル市三清洞のカフェで、映画『Make Your Move』の公開を前に歌手兼演技者BoAのラウンドインタビューが行われた。
『棘』のチャン・ヒョク「昔は自分中心で演じていた」(インタビュー)
映画『棘』は、学校内で最も人気のある先生ジュンギ(チャン・ヒョク)が、自身に対するヨンウン(チョ・ボア)の大胆で正直な告白に新鮮な刺激を感じたことから始まる。今は安定した生活のために教師として働いているが、ジュンギは元国家代表のラグビー選手だった人物だ。燃え上がるエネルギーを懐かしみ、内心では穏やかな日常からの逸脱を願っているのがジュンギだ。そんな彼に妙な目つきの少女ヨンウンが近づいてきた。
会えて嬉しい、有難う、またね、演技者キム・ヒョンジュン
2009年に『花より男子〜Boys Over Flowers』で初演技に挑戦した時は、キム・ヒョンジュンはアイドル出の“イケメン”演技者に過ぎなかった。2010年の『イタズラなKiss』が屈辱的な視聴率で苦い経験を味わうや、一部からは「まだまだだ」と言われた。しかし2014年、キム・ヒョンジュンは演技者となった。男らしさで重ね着した彼は、今ようやく視聴者に認められ始めた。
チャン・ヒョク、2000年の「T.Jプロジェクト」を打ち明ける
俳優チャン・ヒョクが、2000年にラッパーT.Jとしてステージに立った後日談を教えてくれた。
キム・ヒエ「絶望乗り越え立ち上がる希望を見せたかった」
「挑戦すれば人生が豊かになるように思います」 女優キム・ヒエ(47)は、最近大衆が関心を寄せるホットなスターだ。TvN『花よりお姉さん』の出演で触発されたキム・ヒエに対する関心は、今や映画やドラマにも注がれている。彼女は映画『優雅な嘘』の公開(13日)と、JTBC映画ドラマ『密会』の初放送(17日)を控えている。
オ・ヒョンギョン「ムン・ヨンナム作家、私の人生のメンター」
「スバクの成長過程をきちんとお見せ出来たと思います」女優オ・ヒョンギョン(44)が、KBS2TV週末連続ドラマ『王家の家族』を終えた感想を述べた。
キム・ガンウ「チラシの97%は嘘、事実と信じることは残念」
キム・ガンウは今回の映画でも意気揚々とした若いマネージャーオゴン役を演じ、特有の活気を発散している。誠実な青年のイメージを十分活かした男性的で正義感溢れるキャラクターは、今回の映画でも続く。
チョ・ソンハ「大韓民国の家長、夫、父の気持ちで演じた」
俳優チョ・ソンハ(48)が、KBS2TV人気週末連続ドラマ『王家の家族』の最終撮影を終えた感想を明かした。
パク・チョンルミン「『もう一つの約束』、娘が切に願っていた映画」
映画の力は小さいですよ。小さいですが一度ずつ心をくすぐる事は出来ます。自分の幸せや人のために生きていても「自分は社会の構成員だったな。自分もあんな風に社会的弱者になり得るな
ファン・ジョンミン「やぼったくてオールドでもそれが愛ってもんじゃないですか?」
信じて見る俳優ファン・ジョンミンのロマンスだ。格好は悪いが真剣な愛の感情を見せた彼が再びロマンス演技を披露する。
『血沸く青春』のイ・ジョンソク「愛する時は一途」
俳優イ・ジョンソクにこんな顔があるとは思わなかった。デビュー以来じっくりと、そして絶えず様々な姿を繰り広げてみせた彼だったが、映画『血沸く青春』では何かが確実に違っていた。
ハン・ジミン、募金活動+ファンサービス=天使マークの芸能人?
清純で端麗な容貌に明るいエネルギーまで加わり、彼女は代表的な天使マークの芸能人として挙げられてきた。
ユ・ヨンソク「チルボンが人気?変わることはない」
この世のどこにもいないこの時代最高の純粋男、ユ・ヨンソクがブレイクした。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後