Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
アン・ジェヒョン「まだ全てが不足、一段階ずつ成長したい」
ルックス、実績、富、全てを持っている皇太子ウォンホはアン・ジェヒョンという俳優と出会い、非現実的な完璧さをスクリーンで出会う経験を提供する。
チョン・イル「コ・ソンヒと残念な相性?恋って本当に難しいですね」
イケメン俳優でも、青春スターでもなかった。『夜警日誌』のチョン・イルは男性的なカリスマで、また細やかな感情演技でキャラクターに溶け込んだ。
ソン・イルグク「三つ子、自分の子だなんて、いまだに不思議」
俳優ソン・イルグクが映画『めまい』で映画界に帰ってくる。バラエティ番組『スーパーマンが帰ってきた』で三つ子の父として愛されている彼が、活動の外縁を再び広げ始めた。
しっかりと積み重ねたBEASTの築き上げた塔、崩れることがあろうか?
“5年目”は多くのアイドルグループにとって“魔の時期”に挙げられる。実際に多くのアイドルが5年の敷居を越えることが出来ず騒がしい法廷紛争に巻き込まれたり、あるいは音もなく消えていく。
チョン・ギョンホ「僕の俳優人生の代表作、まだなくて幸いだ」
新世代の青年らしい容貌と気さくで優しそうな微笑を持ったチョン・ギョンホが、連続殺人魔の演技に挑戦した。
ナム・ソンミ「30代の女優として生きる今、幸せ」
ガールズグループのように明らかなファンダムではないが、ナム・サンミにひそかに好感を持っているファン層はかなり厚い。
ムン・ソリ「加瀬亮と試写会の衣装を相談したら」(
映画『自由が丘8丁目』は、ホン・サンス監督の他の映画みたいに俳優のすっぴんを見ているかのような感興を抱かせる作品だ。
チョン・ウソン「『マダム・ペンドク』の同性愛コードが消えた理由は」
俳優チョン・ウソンが、当初『マダム・ペンドク』のシナリオに含まれていた同性愛コードについて言及した。
チャン・ヒョク「やりたかった作品が興行も上手くいく」
『運命のように君を愛してる』の総評を一言で要約しようとするなら、「やはりチャン・ヒョクだ」で表現出来る。それほどチャン・ヒョクの重みは並外れていた。
チャン・ナラ「運命みたいな恋?すぐに恋愛も難しい」
最近放映終了したドラマ『運命のように君を愛してる』は、恋を夢見させ胸をはやらせるロマンスドラマ。しかし肝心のドラマの主人公であるチャン・ナラは、運命みたいな恋も信じないし運命みたいな人もやってこないと話した。
T.O.PVSチェ・スンヒョン?「好きな方を使ってください、どちらも僕だから」
ステージ上のラッパーとしてはT.O.Pという名前で、俳優としてはチェ・スンヒョンという本名で呼ばれることを望むだろうと予想していた。
ソン・ヘギョ「カン・ドンウォンと兄弟のように気楽な仲」
女優ソン・ヘギョが、映画『どきどき僕の人生』で夫婦の息を合わせた俳優カン・ドンウォンを「現在最も親しい友人」と表現し、格別な友情を表した。
カン・ドンウォン「『どきどき僕の人生』の父親役のため10kg増やした」
俳優カン・ドンウォンが映画『どきどき僕の人生』の撮影のため、10kg体重を増やしたと伝えた。
『海霧』のハン・イェリ「私の顔、よい時代に生まれたようだ」
年齢について言及することが申し訳なく感じるほどハン・イェリは童顔だ。
パク・ユチョン「『海霧』、今後こんな機会がまた来るだろうか」
映画の中でパク・ユチョンは華やかなアイドルではなく、純朴なチョンジン号の一番年下の船員ドンシクそのものだ。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後