Home > K-POP > アーティスト情報

     アーティスト情報     
イ・ジョン(Lee Jung、이정)
2014年、『Your Love』でイ・ジョンとLISAが出会った。これまで主にミュージカルで活動してきたLISA(デビュー同期)とのデュエットアルバム。
パク・ヒョシン(Park hyoshin、박효신)
2000年最高の有望な人としての期待を一身に受けたパク・ヒョシンは派手さよりも歌手本然の歌唱力で注目されている数少ない新人歌手の中の一人だ。
ホン・ジニョン (홍진영)
2009年6月19日、25才で『愛のバッテリー』を発表してトロット歌手としてデビューした。『愛のバッテリー』は明るく軽快な雰囲気の楽しい曲で、10代から50代まで幅広いファン層に愛された。
イ・ソンヒ (이선희)
2014年、彼女がデビュー30周年を迎えたスペシャルアルバムであり、15thアルバム『SERENDIPITY』で帰ってきた。
2PM(투피엠)
2014年、2PMの初めてのオリコン1位アルバム『GENESIS OF 2PM』が韓国で発売された。
パク・チユン(ParkJiYoon、박지윤)
漫画を読んだり描いたり、音楽鑑賞が好きなパク・チユンは初対面の人には喋れないのかな?と感じられるほど口数がいないが、一度親しくなれば誰よりも活発だ。
ソン・シギョン (Sung Si Kyung、성시경)
魅力ある声、甘いマスクと話術で芸能界でも活躍するソン・シギョン。彼の無限の魅力と音楽が出会って、どのような結果が出るか期待してみる。
東方神起(東方神起、TVXQ!)
2014年、東方神起の7thアルバム『TENSE』が公開された。
ピ(Rain)
Rain(ピ)は2014年をむかえて舞台の上でアーティストとしての第2幕を開けた。空白が面目を失うほど自信ありげにリリースする新曲『RAIN EFFECT』とともに。
ユ・ヒヨル(You Hee Yeol. 유희열)
‘トイ男’、‘草食男’というタイトルの保有者ユ・ヒヨル。
EXO (エクソ、엑소)
2013年は十分にEXOの年ということができる。
ユンハン(Yoonhan)
単独コンサートを開くたびに全席売り切れを記録して、コンサート界の興行保証アーチストであることを立証した「ポップピアニスト」ユンハン。
イ・ジョク(이적)
イ・ジョクは1995年キム・ジンピョとともにグループ、パニックでデビューして活動した。デビューレコードに収録された『かたつむり』は大部分の歌謡曲とは違って、美しい愛を歌うというより、人々の情緒に食い込む独特の歌詞で、既存の音楽に食傷ぎみだった人々から大きな反応を得た。
シン・スンフン(Shin Seung-hun、신승훈)
4年ぶりに歌謡界に帰還するシン・スンフンは、6年にわたって音楽的な自我を探す実験と旅程を終え、これに先立って発表した2枚のアルバムの長所を最大化させた曲をリリースする。
ティアラ(T-ARA、티아라)
ティアラ(T-ARA)が2013年10月10日にミニアルバムの曲をリリースして活動を始めた。今回のアルバムはティアラの新しい音楽を待っていたファンに応えようと多様なジャンルの曲で構成された。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後