Home > K-POP > アーティスト情報

     アーティスト情報     
ソン・シギョン (Sung Si Kyung、성시경)
魅力ある声、甘いマスクと話術で芸能界でも活躍するソン・シギョン。彼の無限の魅力と音楽が出会って、どのような結果が出るか期待してみる。
東方神起(東方神起、TVXQ!)
2014年、東方神起の7thアルバム『TENSE』が公開された。
ピ(Rain)
Rain(ピ)は2014年をむかえて舞台の上でアーティストとしての第2幕を開けた。空白が面目を失うほど自信ありげにリリースする新曲『RAIN EFFECT』とともに。
ユ・ヒヨル(You Hee Yeol. 유희열)
‘トイ男’、‘草食男’というタイトルの保有者ユ・ヒヨル。
EXO (エクソ、엑소)
2013年は十分にEXOの年ということができる。
ユンハン(Yoonhan)
単独コンサートを開くたびに全席売り切れを記録して、コンサート界の興行保証アーチストであることを立証した「ポップピアニスト」ユンハン。
イ・ジョク(이적)
イ・ジョクは1995年キム・ジンピョとともにグループ、パニックでデビューして活動した。デビューレコードに収録された『かたつむり』は大部分の歌謡曲とは違って、美しい愛を歌うというより、人々の情緒に食い込む独特の歌詞で、既存の音楽に食傷ぎみだった人々から大きな反応を得た。
シン・スンフン(Shin Seung-hun、신승훈)
4年ぶりに歌謡界に帰還するシン・スンフンは、6年にわたって音楽的な自我を探す実験と旅程を終え、これに先立って発表した2枚のアルバムの長所を最大化させた曲をリリースする。
ティアラ(T-ARA、티아라)
ティアラ(T-ARA)が2013年10月10日にミニアルバムの曲をリリースして活動を始めた。今回のアルバムはティアラの新しい音楽を待っていたファンに応えようと多様なジャンルの曲で構成された。
ジャウリム(紫雨林、JaUrim、자우림)
2013年10月14日、紫雨林が9th『Goodbye,grief.』でファンのそばに帰ってきた。9thのキーワードは「挫折」と「罪の意識」だ。
アイユ(IU)
2ndアルバム『Last Fantasy』、ミニアルバム『二十才の春』発売から1年5ヶ月の空白を破って、さらに多彩で確固となった歌手IUが帰ってきた。
イム・チャンジョン(Lim Chang Jung. 임창정)
2013年にイム・チャンジョンは、新しい曲でファンのもとを訪ねてきた。
F.T Island(FTアイランド)
カラーが違うアイドルバンド彼らは.. F.T Island!年令は16〜18歳。10代のグループだ。 しかし、既存のアイドルグループを拒否する自分たちだけのカラーが強い新しいアイドルバンド。
パク・チニョン (박진영)
パク・チニョンが、2013年 9月2日に自身の10枚目のアルバム『Halftime』の収録曲である『愛が一番ましだ』を先行公開して、9月9日に主な音楽配信サイトでタイトル曲『遊ぶだけ遊んだ』をはじめとするアルバム収録曲全曲を公開した。
G-Dragon(지드래곤)
G-DRAGONの2ndアルバムは、2009年8月18日に彼の21回目の誕生日に合わせて、ソロ1stを発表してから4年ぶりのアルバムだ。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後