Home > K-POP > アーティスト情報

     アーティスト情報     
キム・ヒョンジュン (김현중)
KBSドラマ『感激時代:闘神の誕生』で一段と成熟した俳優にイメージチェンジを試みたキム・ヒョンジュンが、歌手としてまた違う試みが含まれた『TIMING』のアルバムを持って帰ってきた。
f(x)(エフエックス、에프엑스)
2014年、f(x)が3rdアルバム『Red Light』を発表して、華麗にカムバックした。
god (지오디)
2014年5月に12年ぶりに脱退したユン・ゲサンを含んだ5人で、シングルアルバム『みにくいアヒルの子』をリリースした。
SOL (태양)
2014年、フルアルバム『SOLAR』から4年ぶりにニューアルバム『RISE』で、私たちを訪ねてきたSOL。
ユン・ミレ (윤미래)
「信じて聴く歌手」、最高の賛辞だ。人々に信頼されていて、発表する曲ごとに自分だけの色を失なわずに、人々の共感を着実に勝ち取る歌手にだけ与えられる光栄の称号だ。
フライ・トゥ・ザ・スカイ(Fly to the sky、 플라이투더스카이)
5月20日、フライ・トゥ・ザ・スカイが9thアルバム『CONTINUUM』で帰ってくる。
イ・ジョン(Lee Jung、이정)
2014年、『Your Love』でイ・ジョンとLISAが出会った。これまで主にミュージカルで活動してきたLISA(デビュー同期)とのデュエットアルバム。
パク・ヒョシン(Park hyoshin、박효신)
2000年最高の有望な人としての期待を一身に受けたパク・ヒョシンは派手さよりも歌手本然の歌唱力で注目されている数少ない新人歌手の中の一人だ。
ホン・ジニョン (홍진영)
2009年6月19日、25才で『愛のバッテリー』を発表してトロット歌手としてデビューした。『愛のバッテリー』は明るく軽快な雰囲気の楽しい曲で、10代から50代まで幅広いファン層に愛された。
イ・ソンヒ (이선희)
2014年、彼女がデビュー30周年を迎えたスペシャルアルバムであり、15thアルバム『SERENDIPITY』で帰ってきた。
2PM(투피엠)
2014年、2PMの初めてのオリコン1位アルバム『GENESIS OF 2PM』が韓国で発売された。
パク・チユン(ParkJiYoon、박지윤)
漫画を読んだり描いたり、音楽鑑賞が好きなパク・チユンは初対面の人には喋れないのかな?と感じられるほど口数がいないが、一度親しくなれば誰よりも活発だ。
ソン・シギョン (Sung Si Kyung、성시경)
魅力ある声、甘いマスクと話術で芸能界でも活躍するソン・シギョン。彼の無限の魅力と音楽が出会って、どのような結果が出るか期待してみる。
東方神起(東方神起、TVXQ!)
2014年、東方神起の7thアルバム『TENSE』が公開された。
ピ(Rain)
Rain(ピ)は2014年をむかえて舞台の上でアーティストとしての第2幕を開けた。空白が面目を失うほど自信ありげにリリースする新曲『RAIN EFFECT』とともに。

最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後