Home > K-POP > アーティスト情報

     アーティスト情報     
キム・ヒョンソン(KimHyounSung)
1997年MBC江辺歌謡祭にて'Stop'で金賞を受賞した彼は、可能性を認められ、同年11月、国内ヒット曲メーカーのキム・ヒョンソクがプロデュースしたファーストアルバムを発表した。
パク・キヨン
1994年12月、KBSラジオプログラム”じゃんけんぽん”の愛唱者コンテストに参加しキム・テヨンの”ひとりだけの愛”を見事に歌い、名誉ある1位に輝いたパク・キヨン。
キム・ジョンミン
1996年10月に発表した3集”Change"というロックバラード本位の前作とは違い、バラードだけでなくオルタナティブロックとダンスビートが加味されたロックなど、多様なスタイルの音楽が載ったアルバムだ。
キム・ミンジョン(KimMinJong)
180cmの長身に秀麗な外見、憂愁に充ちた目、甘美なボイスで女性たちを捕らえたキム・ミンジョンは1987年、映画”私の愛、ドンキホーテ”に出演しながら俳優としての道を歩くようになった。
キム・ドンリュル(KimDongRyul)
展示会とプロジェクトグループ・カーニバル、そしてキム・ドンリュル。彼は友達であるソ・ドンウクと”展示会”を結成して、1993年MBC大学歌謡祭で”夢の中で”という曲で大賞の栄光を得るようになった。
ホン・ギョンミン
1997年ハスキーな声のロックバラード「今は」でデビューしたホン・ギョンミンはキム・ジョンソ、カン・サネ、キム・ギョンホ、キム・ジョンミンの跡を引き継ぐ韓国ロック界の次世代ランナーだ。
チャン・ナラ(JangNaRa)
さわやかな外見と歌手として要求される歌唱力を備えたチャン・ナラは、中堅演劇俳優チュ・ホソンの娘で、2年前に演技と歌の勉強をする途中でCF監督にスカウトされた。
イ・スヨン
99年晩秋、「I Believe」でデビューするやいなやミュージックビデオの放送回数でトップを占めたイ・スヨン。
コヨーテ
1999年、ディスコダンスブームをよんだ男女3人組のダンスグループコヨーテ(高耀太)。
リ・ジョンヒョン
小さな体にもかかわらず舞台に立てば熱情の化身と化すイ・ジョンヒョン。イ・ジョンヒョンと言えばカリスマ溢れる女性歌手と連想する人が多い。
パク・チニョン
"お前の後で"がドラマ'感じ'に挿入曲として使われて徐徐に人々の関心を集め始め、"私を離れるな"が人気チャートとアルバム販売量上位に入って、歌謡界で注目される新人の位置を占めるようになった。
ジュジュクラブ
チュ・ダインは、ジュジュクラブでの活動によってアイルランドのロックグル−ム クレンベリスのボーカル ドルロレスオライオドンに劣らないくらいの神秘的歌唱力を備え、今まさに最高レベルに達する。
To-Ya
韓国初、日本でデビューして帰ってきた3人組の女性グループ。キム・チヒェ(Ruu)と アン・チンギョン(ann)、キム・ヒョンジ。
ユーエヌ(UN)
男にさわやかだという表現が誉め言葉かどうかわからないが、人気グループUNはほんとうにさわやかだ。思春期の美少年のように綺麗なフェイスに歌唱力・舞台マナーも文句なし。
ユ・スンジュン(YooSeungJun)
短く刈った頭に鋭い目、そして神がかりのように踊りながら舞台を駆け回るユ・スンジュン。彼は、美少年たちで構成されているダンス歌手やグループの中でも稀な存在だ。

最初  戻る   ... 31 32 33 34   最後