Home > > ユン・テヨン(YunTaeYoung. 윤태영)

     ユン・テヨン(YunTaeYoung. 윤태영)     



[プロフィール]
生年月日:1974年10月9日
家族事項:1男1女
父:ユン・ジョンヨン(サムソングループ副会長)
配偶者: 映画女優イム・ユジン
血液型:B型
身長:185cm
特技:運動、水上スキー、スキー、スノーボードなど…
趣味:コンピュータ、娯楽

[ドラマ]
2009年 MBC『ストライク・ラブ』
2007年 MBC『太王四神記』
2006년 KBS2『特殊捜査日誌』
2003年 KBS『真珠のネックレス 』
2002年 MBC『偶然、毎日君と、明朗少女成功期』
2001年 MBC『その女の家』
2000年 MBC『ワンチョ(親分)』
1999年 MBC『ワンチョ』
1997年 SBS『美しい彼女』

[映画]
2005年 『ミスターソクラテス』、『強力3班』
2001年 『天士夢』

[受賞経歴]
2002年 第38回白象芸術大賞人気賞
2000年 第36回白象芸術大賞新人演技賞
1999年 MBC 演技大賞新人俳優賞

アメリカ・イリノイウェスリオン大学経営学科を卒業してから、演技に体する情熱一つで芸能界に駆け込んだ「素足」の男、ユン・テヨン。タレントイ・ジェリョンのロードマネジャーとして芸能界に第一歩を踏み出した彼は、1996年イ・ジャンス監督の「美しい彼女」で主人公イ・ビョンホンの相手ボクシング選手役で出演するチャンスを得たが、1999年「ワンチョ(親分)」で名を知られるまで、3年間の酷烈な無名時代を過ごさなければならなかった。

試練があれば成功もあるという言葉のように、彼は「ワンチョ」というドラマで99年第36回白象芸術大賞新人演技賞を受賞し、同じくネティズンが選んだ最高のスターに選定された。俳優を辞めろというあらゆる反対を押しきって、ただただ俳優になりたいという一心で走ってきた。何か一つ目標が出きれば我慢強くなるという彼は、今は笑い話となったが、当時は本当に大変な日々を過ごしたと打ち明けた。

自身がもっとも尊敬する父親(ユン・ジョンヨン:サムソングループ副会長)が自分の職業を認めてくれたという事が何より嬉しいというユン・テヨン。ユン・テヨンは1999年MBCドラマ『ワンチョ』の裸足の役でスターダムにのしあがった後、最近しばらく映画にだけ出演していた。2007年、彼がまたドラマに復帰し、演じた役はまさに高句麗の第一貴族としてダムドク(ペ・ヨンジュン)と共に地位を巡って争い、宿命の対決を繰り広げるヨン・ホゲ役だった。いとこ同士のダムドクと友情を交わす間柄ではあるが、母の死後、太子であるダンドクと王の座を目巡り戦うことになる。また、愛する女性までダンドクを愛していることを知り、ダンドクに対し復讐心と嫉妬で対立がますます深くなる。痛みと闇を抱いた英雄の姿を見せる役柄で、彼の活動が期待される。

:::最新 ユン・テヨン 関連ニュース:::
ユン・テヨン、飲酒運転で摘発…免許取り消し「すべての活動中止...自粛する」 2018/05/20(Sun) 22:00
ユン・テヨン、『夜警日誌』キャスティング…チョン・イル&ユンホと共演 2014/05/30(Fri) 21:00
ユン・テヨン、「イ・ソジン、端役のときから待遇が違った」 2013/12/24(Tue) 19:00
イ・ソジン財閥説釈明、「ロイヤルファミリーはユン・テヨン、イ・フィリップで 2013/09/03(Tue) 16:03
俳優ユン・テヨン、故キム・ジョンハクPDの出棺に出席 2013/07/25(Thu) 14:53
ユン・テヨン、JTBC『クイズの神』で初めてMCに挑戦 2013/02/05(Tue) 19:00
ユン・テヨン、日本歴史ドキュメンタリー撮影「日韓文化交流の助けになれば」 2012/06/29(Fri) 19:04
『深夜病院』ユン・テヨン、「格闘技選手役のために12kg減量」 2011/10/13(Thu) 22:07
『深夜病院』ユン・テヨン、健康美あふれる筋肉公開 2011/10/01(Sat) 19:06
『深夜病棟』ユン・テヨン、お茶の間復帰を前に運動三昧 2011/09/24(Sat) 15:00
[ 戻る ]   [ ユン・テヨン 関連商品検索 ]  [ ユン・テヨン 関連ニュース検索 ]