Home > エンターテイメント > 俳優紹介 > アラ (ARa. 아라)

     アラ (ARa. 아라)     






アラ (ARa. 아라)もしくはコ・アラ (Go A Ra. 고아라)
生年月日:1990年2月11日
身長:169cm & 体重:45kg
趣味:音楽鑑賞、詩を書くこと
特技:フルート
デビュー:2003年 第5回SM青少年ベスト選抜大会 大賞

[学歴]
チョンシン女子高等学校 在学中

[受賞経歴]
2004年 KBS演技大賞 青少年演技賞

[映画]
2012年『ペースメーカー』、『パパ』
2008年『スバル』
2006年『蒼い狼-地果て海尽きるまで』

[ドラマ]
2013年 tvN『応答せよ1994』
2009年 MBC 『地面にヘディング』
2008年 MBC 『どなたですか』
2006年 SBS 『雪の花』
2003年 KBS 『四捨五入1,2』

2003年、中学2年生だったコ・アラは、KBS青少年ドラマ『四捨五入1』に出演して視聴者から注目され始めた。デビュー作といっても、無難な演技力と幼くかわいらしい外見の彼女は、本当にドラマの中の“オンリム”そのものだった。

コ・アラにとって、『四捨五入1』が彼女の名前3文字を視聴者に広めたとしたら、『四捨五入2』は、彼女が単純に平凡な子役俳優ではなく、芸能界の新たな有望株だという事を気付かせた。『四捨五入2』が好評のうちに終映する頃には、幼く見えた『四捨五入1』の姿は見うけられず、少女から女性になっていた。
そうやってスターの仲間入りをしたコ・アラを、コマーシャル業界が黙っておくわけがなかった。ドラマの終映とともに、彼女にコマーシャルのオファーが殺到し、彼女は衣料、制服、飲料、ゲーム、そして女優の浪漫でもある化粧品のモデルまでするようになった。特に飲料CFでは、これまで公開されなかった彼女のSラインが公開されて、一時インターネットを騒がせた。

そればかりではなく、2006年4月にはスタイリッシュなモバイルデジタル写真集を公開し、モデルとしてのスター性もアピールした。今までの芸能人のセクシーコンセプトの写真集ではない、コアラの自然な日常、神秘的できれいな少女らしいイメージなど、様々な姿を上品に表現した。しかし彼女が本当に輝くのはやはり本業の演技である。ドラマ『雪の花』に出演したコ・アラの演技力が、目に見えて成長しているのだ。特に実感のこもった内面的な演技が要求されているにもかかわらず、それを自然に表現してネットユーザーから好評と賞賛の書き込みが絶えない。

彼女のスター性は、海外でも通じる。まさに日本-モンゴル合作映画『蒼き狼』の“クーラン”役にキャスティングされたのだ。4万分の1のものすごい競争率をくぐり抜けた彼女は、日本で開かれた『蒼き狼』の製作発表会で、マスコミから“アジアの新星”と賞され、集中的にスポットライトを浴びた。

また2006年最高の演技派俳優に挙げられる女優キム・ヒエと一緒に出演したドラマ『雪の花』でAraは、キム・ヒエの演技にも劣らない熱演を披露して好評を博した。そして今年、主演でユン・ゲサンと共演するドラマ『どなたですか?』で、彼女は本格的な大人の演技に挑戦する。ドラマのハードスケジュールのため何度かダウンしたが、彼女の演技情熱は誰にも負けないようだ。

有望株として大きく期待されたが、2008年〜2009年には出演したドラマが最低の視聴率を記録するなど目立つ活動が無く、良い成績を残せず低調だった。その後もたまに所属事務所であるSMのイベントに顔を出したが視聴者の目には留まらなかった。眩しいほど美しく成長したコ・アラだが作品や活動は反比例するという奇異な現象が生まれた。

世界の美女18位にランクされたことがニュースになり、国中を驚かせたコ・アラは2012年2本の映画に出演しファンのもとに帰って来る。演技派俳優キム・ミョンミンと息を合わせた『ペースメーカー』と多様な国籍の俳優と共に出演するオールアメリカロケーション『パパ』である。コ・アラのカムバックは彼女に注目していたファンにとっては非常に喜ばしいことだがどんな姿を見せてくれるかという期待値を満足させるかどうかはまだ未知数だ。

2012年をターニングポイントとして誠実に作品をこなすコ・アラが観られる事を願う。
:::最新 アラ 関連ニュース:::
ティアラ ・ギュリ、単発ドラマでオ・マンソクに片思いするストーカー変身 2010/07/31(Sat) 18:41
[ 戻る ]   [ アラ 関連商品検索 ]  [ アラ 関連ニュース検索 ]