Home > エンターテイメント > 俳優紹介 > ソン・ユリ (SungYuRi. 성유리)

     ソン・ユリ (SungYuRi. 성유리)     



[プロフィール]
本名:ソン・ユリ
生年月日:1981年3月3日
身長:168僉体重:45
血液型:O型
学歴:慶熙大学 演劇映画科
デビュー:1998年ピンクル1集『Blue Rain』

[ドラマ]
2012年 MBC『神々の晩餐』
2011年KBS 『ロマンスタウン』
2009年MBC 『太陽をのみ込め』
2008年MBC 『快刀 洪吉童』
2006年MBC 『ある素晴らしい日』
2004年MBC 『『皇太子の初恋』
2003年SBS 『千年之愛』
2002年MBC 『莫上莫下』
2002年SBS 『悪い女たち』

[放送]
2002〜2003年MBC『セクションTV芸能通信』MC

[映画]
2012年 『チャ刑事』
2009年 『ウサギとリザード』
2004年 『私の彼氏のロマンス』
2002年 『緊急措置19号』

1998年に“歌謡界の妖精”と呼ばれ、大人気を博したアイドルグループピンクル。そのメンバーとして芸能界にデビューしたソン・ユリは、最近『ある素晴らしい日』で、2004年の『皇太子の初恋』以来2年間の空白を打ち破ってテレビドラマに復帰した。久しぶりにドラマに復帰した彼女は、意外にも淡々とした様子を見せた。出演のきっかけも特別ではなかった。「ただ、作品が素晴らしいので〜」

ピンクルの個別活動が始まってから、俳優の道を選んだソン・ユリ。彼女の選択が間違っていたのだろうか?若しくは俳優としての準備が、まだ整っていなかったのだろうか?彼女が演技を始めた当初、彼女の演技力に対して一部の視聴者から問題が提起され、彼女の演技力への論難は一時インターネットの熱い争点となった。

2002年の『悪い女たち』以降、2年間に2つのドラマに出演したが、彼女の演技力は力不足だという評価が大部分であった。しかし『ある素晴らしい日』のシン・ヒョンチャンプロデューサーは、彼女の演技力に対する論難がなぜ起こったのか理解できないと語り、ソン・ユリの肩を持つ。彼が語るソン・ユリは、制作陣の要請に応えて完璧に演じているというのである。また、水槽の中でサメが頭の上を通り過ぎるのも気がつかずに撮影に臨むほど、今回演じるキャラクターに入り込んでいると評価している。

『ある素晴らしい日』の制作発表会に参加したソン・ユリは、過去の作品では演じる楽しさを感じることができないまま、作品に臨んでいたことを明かした。それほど俳優への転身に負担が大きかったのだろう。しかし今回の作品は違うと語る。周辺の人々の配慮から、楽しい気持ちで作品に臨んでいるという。また視聴者から演技力を認められたいという気持ちより、自分が演じるキャラクターに忠実であれば、演技力に対する論難も自然に消えるだろうと語り、成長した様子を見せた。

歌手としての欲はもうないのだろうか?現在は「ない」が正解のようである。歌手への魅力は十分に感じたという。現在は演技を始めてから日が浅いので、演じる魅力に魅せられているという。ともすれば彼女にとってこの作品から、本物の俳優への挑戦が始まるのかもしれない。それくらいこの作品は、彼女にとって重要な作品になるものと思われる。果たして彼女がこれから演技力で上達した姿を見せ、今や歌手ではない俳優ソン・ユリとして認められるのかに期待してみよう!
[ 戻る ]   [ ソン・ユリ 関連商品検索 ]  [ ソン・ユリ 関連ニュース検索 ]