ドラマ紹介
 バラエティー
 お笑いタレント
 俳優紹介
 スターインタビュー
 newface紹介
 制作スタッフ紹介
 ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > エンターテイメント > 俳優紹介 > パク・シネ(ParkSinHye. 박신혜)

  [ パク・シネ 関連商品検索 ]  [ パク・シネ 関連ニュース検索 ]
   パク・シネ(ParkSinHye. 박신혜)   
パク・シネ(ParkSinHye. 박신혜)




〔プロフィール〕
生年月日:1990年2月18日生まれ
身長:163cm & 体重:45kg
血液型:A型 & 特技:ダンス
デビュー:2003年 イ・スンファン MV花

〔ドラマ〕
2013年 SBS 『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ-相続者』
2013年 tvN 『となりのイケメン 』
2011年 MBC 『オレのこと好きでしょ。』
2009年 SBS 『イケメンですね』
2007年 MBC 『宮S』『カクトゥギ』
2006年 SBS 『天国の木』、KBS 『新しいパパは29』、KBS 『ソウル1945』 2005年 SBS 『カワイイか狂うか』
2004年 SBS 『ひとりじゃない』
2003年 SBS 『天国の階段』

〔映画〕
2013年 『愛のじゃんけん』
2011年 『大切な日の夢−アニメ』(声優)
2010年 『シラノ・エージェンシー』
2007年 『伝説の故郷-双子の姉妹秘死』
2006年 『トカゲ』

ドラマ『天国の階段』でチョンソ(チェ・ジウ)の子役で人々から注目されたパク・シネがいつのまにか女性の姿となり戻ってきた。彼女のデビューはイ・スンファンのミュージックビデオ『花』 で、本格的な放送活動は2003年ドラマ『天国の階段』。

ドラマの中でパク・シネははにかんだ微笑とすぐに涙を流すような目とは違う強さを感じさせる演技を繰り広げ、その年のSBS演技大賞子役賞を見事受賞。零下の気候に裸足で雪原を歩く演技はもちろんのこと、凍傷の危険にさらされながらも最後まで演技をし続けたパク・シネ。だからだろうか?彼女の周りの人々は彼女が新人らしくないたくましい姿を見せるという。

『天国の階段』が成功をおさめ終映された以後パク・シネはドラマ『ソウル1945』とチョ・スンウ-カン・ヘジョンのカップルの演技が話題の映画『とかげ』を撮影した。2006年、イ・ワンといっしょに『天国の階段』の後続ドラマである『天国の木』の主人公に抜擢されたパク・シネ。『天国の木』で彼女はイ・ワンと実ることのない切ない演技を披露する。ちょっと前のリュ・スンスとカップルの役を見事こなしたシットコム『カワイイか狂うか』で見せてくれた堂々とした女子高生とは180度違った姿が見られた。

演技は上手い彼女だが、作品運はそんなに良くなかった。空前のヒットを記録したドラマ『宮』の続編『宮S』に出演したが、期待にはずっと及ばない視聴率で好評を得る事が出来なかった。その後、様々な方面で役の大小にとらわれず出演したが、彼女の成長速度と人気度は反比例するようだった。週末連続ドラマのヒロインを演じた『カクトゥギ』でも、今まで固守していた長い髪を短く切って演技変身を試みたが、視聴者には大きな感興を与える事が出来なかった。

2007年、引き続く不振で暫く休息期間を持ったが、CM活動は続けた。20代序盤の女性にアピールする化粧品のモデルとして「あ〜パク・シネが見違えるほどきれいになった〜」という感嘆を連発させた。そしてずっと見守ってきた者は分かるだろうが、彼女は当代最高の人気を謳歌しているスターや『花より男子』のF4とCMで共演しながら、機会の足がかりを固めていった。

そして2009年、ついに彼女に好評が注がれた。ドラマ『イケメンですね』で男装女子としての演技が大きな好評を得ているのだ。視聴率の面でも競争ドラマが大作であることに比べれば、それなりの視聴率を維持している。また、全く不自然でない演技やキャラクターの新鮮さなどで、現在パク・シネは10〜20代の熱烈な呼応を得ている。

常に準備する姿勢と新しいキャラクターへの挑戦を止めない彼女。もう少し成長し、さらに多様な姿を繰り広げてくれることを願う。
:::最新 パク・シネ 関連ニュース:::
「今日は仕事しよう」…パク・シネ、明るい笑顔で“男心狙撃” 2017/06/24(Sat) 20:45
【フォト】パク・シネ、笑顔にさわやかさがパンパン“ホットな魅力発散” 2017/06/22(Thu) 10:45
“アジアの女神”…パク・シネ、香港でも女神微笑プムプム 2017/06/13(Tue) 16:45
パク・シネ「良い人が現れたら…30前に結婚」 2017/06/04(Sun) 17:00
パク・シネ、悪質な投稿をしたユーザー告訴「セクハラ、誹謗に傷ついた」 2017/06/02(Fri) 22:00
“独歩的韓流女神”パク・シネ、6月を開く蠱惑美 2017/06/01(Thu) 20:00
“このまなざし、男心狙撃”..パク・シネ、夢幻のシック 2017/05/26(Fri) 21:45
“この笑顔、癒される〜”..パク・シネ、ラブリー女神 2017/05/25(Thu) 23:15
パク・シネ「ありのまま美しくて素敵な俳優なりたい」 2017/05/25(Thu) 21:00
健康な笑顔+清涼さ…パク・シネ、モルディブの太陽の下“キラリ” 2017/05/24(Wed) 21:30
[ 戻る ]

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved