ドラマ紹介
 バラエティー
 お笑いタレント
 俳優紹介
 スターインタビュー
 newface紹介
 制作スタッフ紹介
 ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home > エンターテイメント > 俳優紹介 > スエ(Soo Ae. 수애)

  [ スエ 関連商品検索 ]  [ スエ 関連ニュース検索 ]
   スエ(Soo Ae. 수애)   




[プロフィール]
ニックネーム:リトルチョン・ユニ(80年代最高の美女大スターに似ているから)
生年月日: 1980年7月25日
身長: 168Cm、体重: 46Kg
趣味: テニス
特技: 水泳、ポケットボール
チャームポイント: 中性的な声

[ドラマ]
2013年 SBS 『野王』
2011年 SBS 『千日の約束』
2010年 SBS 『アテナ:戦争の女神』
2005年 KBS2 『海神』
2004年 KBS2 『4月のキス』
2003年 MBC『ラブレター』『回転木馬』

[映画]
2013年 『風邪』
2009年 『炎のように蝶のように』
2008年『あなたは遠いところに』
2006年 『夏物語』
2005年 『私の結婚遠征期』
2004年 『家族』

スエは不思議な魅力が漂う俳優である。実際スエは俳優志望ではなく、女性3人組みのダンス歌手志望だった。メンバーと6ヶ月間合宿生活をしたが、彼女を待ち受けていたのはアルバムではなくグループ解散だった。

その後スエは歌手から俳優に進路を変えようと決心し、2001年から演技の勉強を始めた。そして2002年6月、MBCベスト劇場『片思い』で俳優として正式デビューした。さらに4ヵ月後にはドラマ『メン家の全盛時代』に助演で出演し、視聴者に目を留められた。そして彼女を印象付けたのは、ドラマ『ラブレター』だった。初主演ドラマを成功させ、視聴者から大人気が得られたからである。

『ラブレター』は典型的なメロドラマで、10、20代の視聴者をつかんでいた。当時スエは、「初主演なので震えて恐かったが、ファンの応援に絶対弱い姿は見せない」というしっかりした覚悟を打ち明けた。また演出者は彼女の演技力を“期待以上”と評し,“大成する器”だと賞賛を惜しまなかった。

そして2004年、彼女は初のスクリーン出演に乗り出した。その作品がまさに『ファミリー』。この作品でスエは新人らしからぬ成熟した演技力を認められ、映画界から熱烈なラブコールと信頼を一身に浴びることになる。そして2005年『わたしの結婚遠征記』、2006年『夏物語』に出演し、いっそう成長した演技力を披露して観客に愛されている。

現在は自分に気が付くファンが相当な数にのぼり、むしろおかしな感覚がするというスエ。そのような彼女に、さらに多くのファンの愛が集まることを願っている。


:::最新 スエ 関連ニュース:::
【18th JIFF】“優雅さあふれる”スエ 2017/04/27(Thu) 21:12
スエ、ビョン・ヒョク監督の映画『上流社会』でスクリーン復帰調整中 2017/04/20(Thu) 07:30
“テヨンパワー”…『My Voice』デラックスエディション週間アルバムチャート1位 2017/04/10(Mon) 20:30
少女時代テヨン、デラックスエディションのタイトル公開“穏やながらも強烈な詩” 2017/04/05(Wed) 18:00
藤井美菜、韓国での活動に拍車…ビブロスエンターテインメントと専属契約 2017/01/18(Wed) 14:30
スエのグラビア、高級感あふれる名品ビジュアル 2016/12/22(Thu) 09:30
TWICE、クリスマスエディションの予約注文が11万枚↑ 2016/12/19(Mon) 21:00
スエ&キム・ヨングァン“狂ったケミ”視聴率の物足りなさを慰める 2016/12/14(Wed) 14:15
『我が家に住む男』スエ&キム・ヨングァン、目を奪うケミ“バックハグの見本” 2016/12/08(Thu) 13:00
『我が家に住む男』スエ&キム・ヨングァン、熱い再会の抱擁…ロマンス再開? 2016/12/06(Tue) 10:30
[ 戻る ]

Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved