Home > エンターテイメント > 制作スタッフ紹介 > ユン・テホ作家(윤태호 작가)

   ユン・テホ作家(윤태호 작가)   


韓国のリアルな自画像を描き出す最高のストーリーテラー_ユン・テホ作家

因果応報というテーマを通して、韓国式スリラーの新しい地平を改革したウェプトゥーン『苔』、いわゆる「未生シンドローム」を巻き起こし、韓国国民の癒しとなったウェプトゥーン『未生』。ユン・テホ作家は、作品ごとに韓国のリアルな自画像を描き出すストーリーテラーだ。ユン・テホ作家の作品が多くの人々に高評価を得ている理由は、彼の世界を眺める視線に起因している。常に本質を掘り下げる特有の視線は、韓国の社会に問題を投げかけ、共感と反響を巻き起こしてきた。このような理由から、ユン・テホ作家の作品は、ウェブトゥーンを超え、映画、ドラマなどに至るまで、様々な文化界から歓迎を受けている。

一方、ユン・テホ作家は、社会に対する批判意識に興味深いストーリーを織り交ぜ、大衆的な作品を生み出してきた。その中でも、彼のウェプトゥーン『インサイダーたち』は、読者が再連載を求め絶え間なくラブコールを送るほど好評を博した作品である。以前からこの作品に注目していたオ・ミンホ監督は、着々とユン・テホ作家とのコミュニケーションを重ね、映画化に成功した。オ・ミンホ監督は、特有の個性的なスタイルを加味し、映画に適度な変化を試みた。ユン・テホ作家はそのような変化について、「ストーリーの興味深さは高めつつ、テーマからずれていない」と評し、高い満足感を見せた。しっかりとした原作の上に、オ・ミンホ監督だけの魅力が加わり、ファッショナブルかつスピーディーな作品として生まれ変わった『インサイダーたち』は、強烈なインパクトを持つ犯罪ドラマとして、観客を魅了する予定だ。

BOOK
2014 NCSOFTブログ『未知の企画』、ダウム『ファイン』
2013ハンギョレ、Nate『仁川上陸作戦』
2012ダウム『未生』
2011ハンギョレ『インサイダーたち』
2010『リーダーズ・ユナイテッド』
2009ウェプトゥーンドラマ『セティ』
2008『周遊天下』(作画)、『あなたはそこにいた』
2007『苔』
2006『魂の神、バリ姫』、『サイレン』(ストーリー)、『スパイ大作戦』
2004『侠客乱戦』
2001『不埒な人生』、『ロマンス』
1998『ヤフー、熱風塾』、『怪しい子供たち』
1997『春香別曲』
1996『一人で寝る夫』、『ヨン氏別曲』
1993『緊急着陸』

AWARDS
2015『仁川上陸作戦』富川漫画大賞、『未生』ホン・ジンギ創造人賞発展部門受賞
2012『未生』韓国国会大賞今年の漫画
2012『未生』韓国コンテンツアワードマンガ部門大賞(大統領賞)
2012『未生』文化体育観光部、現代の我が漫画賞
2010『苔』韓国大衆文化芸術賞文化部長官表彰
2010『苔』韓国コンテンツアワードマンガ部門大賞(大統領賞)
2010『苔』読者の漫画大賞
2008『苔』富川漫画賞一般漫画賞
2007『苔』韓国漫画大賞優秀賞
2002『ロマンス』韓国出版漫画大賞著作賞
1999『ヤフー』文化観光部現代の我が漫画賞
[ 戻る ]