俳優紹介
 映画紹介
 Dr.Movie 自由コラム
 シネマスペシャル
 映画予告篇
 映画祭紹介
 ヒウォンちゃんの韓国ライフ
 じーにょのドラマ雑感
 ミンジャの韓国雑感
Home >

     Mフォーカス     

ピ(RAIN)-ウォンビン-カン・ドンウォン、韓国代表花美男 アメリカ進出か?

ピとウォンビン、そしてカン・ドンウォン。韓国を代表する三人の花美男たちのアメリカ進出可能性が控え目に占われている。釜山国際映画祭で進行されるアジアフィルムマーケットを通じて、これらに対するハリウッド映画社などの関心が絶えていないからだ。ピの所属社 JYPエンターテイメントとウォンビン所属のドリームイーストオン、カン・ドンウォンのドメンエンターテインメントはスターJエンターテイメントとともに去る 15日開幕したアジアフィルムマーケットで共同ブースを用意して、海外映画関係者及びバイヤー、取材陣などを迎えている。マーケット関係者は、多くの俳優たちの中でも特にピとウォンビン、カン・ドンウォンに対するハリウッドのキャスティングディレクターたちの問い合わせ及び相談が絶えていないと、海外での高い関心を伝えた。ピの場合、歌手及びタレントとしてアジア全域で広く知られているだけではなくパク・チャンウック監督の『サイボーグだけど大丈夫』に出演して、映画俳優チョン・ジフンに対する関心も一緒に高くなったというのが関係者の説明だ。ウォンビンはアジア、特に日本で高い人気を享受していて、日本と韓国中心のアジア市場を狙うハリウッド製作社たちの関心が大きいと他の関係者は伝えた。この外にカン・ドンウォンの場合、韓流の原動力ともいえるドラマに出演した経歴が多くないにもかかわらず、日本などで成長勢にある韓流スターとして、同じ所属社の他の俳優たちより越等として注目されている。所属社関係者たちはわずか 4日間の日程で成り立つ今度のマーケットを通じて、俳優のハリウッド進出契約が成事になることは難しいと見通しながらも、海外キャスティングディレクターたちの高い関心に嬉しい気配を隠さなかった。ピとウォンビン、カン・ドンウォン。韓国でも最高のトップスターとして認められる三人の人のハリウッド進出が果して成事されるか、関心を集める中で釜山国際映画祭が野心満々と準備した第 1回アメリカンフィルムマーケットは来る18日、閉幕を控えている。

関連商品検索
© Innolife & Digital YTN & Joynews24
戻る


Copyright(c) 2000 Innolife All Rights Reserved