Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆ “デビュー10年”BIGBANG&SUPER JUNIOR、しばしお別れ・・・相次ぎ軍入隊

2016年の新年が明けた。歌謡界は新年早々から熾烈なカムバック熱戦を予告している。すでにトップに上りつめたグループ、“人気”隊列に加わろうとしているグループ、もうすぐデビューを控えている青々とした新人まで、守ろうとする者と奪おうとする者たちの熾烈な一発勝負が繰り広げられると思われる。永遠の人気はないものだ。2016年の歌謡界アイドル勢力図を揺さぶる“変化要因”を探ってみた。

◆“デビュー10年”BIGBANG&SUPER JUNIOR、しばしお別れ・・・相次ぎ軍入隊
デビュー10年を迎えたBIGBANGとSUPER JUNIORは、全世界でK-POP旋風を巻き起こした主軸アイドルグループだ。しかしBIGBANGとSUPER JUNIORメンバーの軍入隊により、当分の間完全体での活動は難しそうだ。

2015年はそれこそBIGBANGの底力を見せた年だった。デビュー10年目のBIGBANGは後発アイドルグループの追撃にもトップを固く守り、授賞式で数多くの大賞を総なめにした。韓国内でのアルバム発表はもちろん、海外ツアー活動を続け全方位的な活躍を繰り広げた。

BIGBANGメンバーは今年から軍入隊を開始し、当分の間韓国内で完全体での活動は難しそうだ。BIGBANGの最年長者であるT.O.Pは1987年生まれで、今年30歳になった。軍入隊をこれ以上延ばすことが出来ない歳で、今年は軍に入隊しなければならない。1988年生まれのG-DRAGONとSOLも限りなく軍隊を延ばすことが出来ず、遅くても来年には入隊をすることになる状況。これによりBIGBANGは、今後数年間は完全体での活動を諦めなければならない。

BIGBANGは具体的な軍入隊計画を伝えはしなかったが、間接的に軍入隊による空白を話したことがあった。昨年12月の「2015 MAMA」で、SOLは「僕たちBIGBANG5人が完全体で「MAMA」の授賞式に参加するのは、今後長期間難しいかもしれない」とBIGBANG完全体の不在を予告した。

デビュー10年間、国内はもちろん全世界でワールドツアーをするほど高い人気を得た“韓流ドル”SUPER JUNIOR完全体での活動も、当分の間難しいものと思われる。メンバーが相次いで軍に入隊したのに続き、今年も軍入隊を控えたメンバーがいるためだ。

SUPER JUNIORは現在まで兵役を終えたメンバーが4人で、現在シンドン、ソンミン、ウニョク、ドンヘ、チェ・シウォンなどメンバー5人が軍服務中にある。また1987年生まれのリョウクも今年は軍に入隊しなければならず、1988年生まれのキュヒョンも放送で今年ぐらいに入隊を考えていると明かしている。昨年デビュー10周年を迎え単独レーベル「Lable SJ」を設立したSUPER JUNIORは、残りのメンバーが個別活動に集中し活動を続けて行く予定だ。

ZE:A(帝国のアイドル)も昨年からメンバーが軍入隊を開始したことで、当分の間完全体での活動を見るのは難しいと思われる。3人組に変身したMBLAQのリーダースンホも、今年軍入隊を控えている。2AMのイム・スロンも今年国防の義務を果たす予定だ。
◆ KARA&2NE1&BEAST&4Minuteなどが今年契約満了・・・選択は?

アイドルの地殻変動を予告しているまた別の変化要因が“契約満了”だ。もちろんSUPER JUNIORやBIGBANGのように現所属事務所と再契約をする場合も多いが、MBLAQのイ・ジュンやチョンドゥンのようにチームを脱退して自分の道を探す場合もかなりある。

今年はかなり多くのグループが再契約満了を控えており、歌謡界関係者の関心が注がれている。関係者によると、2009年に初めてデビューしたグループの大部分が今年契約が終了する。公正取引委員会から提供される芸能人標準専属契約書によって、大部分の歌手が7年の専属契約期間を結んだためだ。2009年はアイドルグループのデビューが潮の如く押し寄せた時で、現在活動中の数多くのアイドルがこの時期にデビューした。そのため彼らグループの今後の歩みによっては、アイドル勢力図にも相当な影響を与えるものと思われる。

ガールズグループ2NE1は、今年YGエンターテインメントと契約が満了する。2NE1は少女時代と共にガールズグループの二大山脈を形成したが、パク・ボムの麻薬騒動などで最近活動が鈍っている状況。昨年「2015 MAMA」に完全体で姿を現したが、まだ新アルバムやカムバックに対する具体的な契約はなく、メンバーが個別に活動を繰り広げている。彼女らメンバーがBIGBANGと同じように再契約を結ぶのか、関心が注がれている。

グループBEASTと4Minuteもそれぞれ10月と6月にCUBEエンターテインメントと契約満了を控えている。BEASTはデビュー以来成長の勢いを見せ、今も高い人気を得ているグループ。アルバムの成績はもちろん、メンバー個々人のソロ活動や演技などでも頭角を現している。4Minuteは1月に新アルバムで完全体としてカムバックする予定で、今後の歩みと関連した重要な活動となるものと思われる。

2009年にデビューしたガールズグループSecretも、今年契約が満了すると伝えられた。2014年8月に発表したアルバム『Secret Summer』の活動を最後に空白が長くなっており、メンバーは演技やソロ活動に邁進している状況。SNSを通じメンバーの不和説が提起されたりもした。Secretメンバーの選択にも関心が注がれている。

その一方で2014年に2年の再契約をしたKARAのハン・スンヨン、ク・ハラ、パク・ギュリなどメンバー3人も、すぐに契約満了を控えている。KARAは日本の韓流を代表するガールズグループに成長したが、その後順調ではない歩みを見せていたのも事実。メンバーのニコルとカン・ジヨンのグループ脱退後、昨年メンバーにホ・ヨンジを迎え入れ4人組で活動を繰り広げていたKARAは、また再び選択の岐路に立たされることになる。メンバーがKARAの活動を続けるのか、一人立ちして新しい道を模索するのか関心が注がれている。