Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆ EXO、韓国初のドーム公演に「一生忘れられない思い出作った」

グループEXOが、韓国で初めてドーム球場である高尺(コチョク)スカイドームで約2万2千人のファンと共感した。EXOは一生忘れられない思い出になると話した。EXOは10日午後7時、ソウル市高尺洞(コチョクドン)にある高尺スカイドームで単独コンサート「2015 EXO-Love CONCERT in DOME」を開催した。

EXOはヒット曲の熱唱や個性が込められたソロステージなどで、約2万2千人のファンの熱い歓声を引き出した。歌の他にも様々なイベントでファンと共感し、熱い歓声の中成功的な公演を繰り広げた。公演の最後に向かって走っていたEXOは「メンバーが一生懸命準備したソロステージや立て続けの公演はどうだった?ファンと一緒に良い時間を過ごした。ひどく名残惜しい」と話した。

この日、ファンのためのステージ映像を直接作ったというEXOは「涙が出そうになった。ファンのプレゼントももらい、EXOのプレゼントももらった」とし「EXO-LとEXOの一生忘れられない思い出になる」と話した。メンバーのスホは「これまでのコンサートがたくさんステージを見せてトークが少なかったとしたら、今回はEXO-Lと本当にたくさんの話を交わした」と話し、ファンの歓声を浴びた。

この日EXOの公演は国内外の歌手(チーム)をひっくるめ、韓国で初めてドーム球場の高尺スカイドームでのコンサートという点で意味がある。高尺スカイドームは固定観客席1万8千92席にグラウンド上をスタンディング席にすれば、約2万人以上の観客を収容できる韓国最大規模の室内公演会場だ。この日のコンサートには約2万2千人の観客が訪れて公演会場をぎっしりと埋め、EXOのチケットパワーを見せつけた。
◆ EXO、「ベイビ〜」愛嬌からガールズグループダンスまで“超人気アイドルの魅力”」

グループEXOが気前の良いファンサービスを繰り広げた。ファンと一緒のカップルリング自慢からガールズグループのダンスまで、普段見られない姿で約2万2千人のファンを魅了した。

ガールズグループのダンス、体力テスト、EXOに聞いてみて、よく歌うポップソングワンフレーズ、セクシーに自己紹介など様々なミッションが書かれた大型ルーレットを回し、選定されたミッションをメンバーが遂行するというトークコーナーを通じてメンバーの話術やウイットを披露した。

スホは4番目の指の指輪を指しながら「ファンとカップルリングをした。約2万2千人のファンとカップルリングを合わせた。ここにいないEXOの300万人のファンと一緒だ。洗う時もつけて洗う。ファンといつも一緒にいたいという気持ちを分かってほしい」と愛情を表した。他のメンバーも4番目の指のカップルリングを認証した。

またEXOメンバーはファンに向かって「ベイビ〜」「俺のもの〜」「お前〜」などと呼んで隠しておいた愛嬌を放出し、ベッキョンは様々なシチュエーション劇の演技を繰り広げ多芸多才さを見せた。またガールズグループのセクシーダンスを踊り、それこそ気前の良いファンサービスを繰り広げた。

一方、この日公演を終えたEXOは、11月4日に日本で初シングルアルバムを出して海外活動を続ける。11月6〜8日の3日間は東京ドームで、11月13〜15日の3日間は京セラドーム大阪で「EXO PLANET #2 – The EXO'luXion –」を開催し、全6回にわたり約30万人を動員するドーム公演を繰り広げる。