Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆ RAINBOW vs FIESTAR vs Lovelyz、2015春の超人気ガールズグループは?

春を知らせるさわやかでハツラツとしたガールズグループがやってくる。

ガールズグループRAINBOWとFIESTAR、Lovelyzが相次いで新しいアルバムを発表し、譲歩できないカムバック対決を繰り広げる。今年でデビュー7年目となるRAINBOWは、今回は歌謡界を制覇するという気持ちで出撃を宣言した。デビューして明確な成績を出すことが出来なかったFIESTARと、さわやかな新人Lovelyzも「超人気ガールズグループ」を狙う。

RAINBOWは23日、3rdミニアルバム『INNOCENT』を発売して、この中で最初にカムバックした。


実に1年8ヶ月ぶりの空白を破って、うれしい完全体でのカムバックだ。タイトル曲『ブラック・スワン』は「内面の自我に対する悩み」という真剣なテーマが含まれた曲で、歌詞から舞台コンセプトに至るまで、メンバーの成熟した美しさが充満している。デビュー後、『テルミー』、『サンシャイン』などの曲を通じて、さわやかで明るい印象のステージを見せたとすると、新曲『ブラック・スワン』では優雅なセクシー美と高級な魅力を前面に押し出した。

RAINBOWは、「最近ガールズグループが試みたことのない音楽の色に異色な素材を描いています。パフォーマンスも単純に美しく見せたりセクシーなふりをしないで、内面の苦悩を描きました。冒険と挑戦を通じて、7年目の内面に積み重ねたものが見えるでしょう」と、明らかにした。メンバー一人ひとりの認知度と活動期間に比べて、チームとしてはこれといった成績をおさめられなかったRAINBOWが、今回のアルバムで印象的な変身と共に確かな位置づけを固めることができるか、注目されている。

FIESTARも3月初めに1stミニアルバム『BLACK LABEL』でカムバックを宣言した。FIESTARは2012年にデビューして、今年で4年目をむかえたガールズグループだ。まだ明確な成果を見せることができないFIESTARにも、今回のアルバムがこれまでになく重要な時だ。“一発”を見せる時がきた。

FIESTARはカムバックに先立ち、相反したコンセプトのジャケット写真を相次いで公開して話題を集めた。ブラックバージョンのジャケットイメージでは、さらに高級で大人びたビジュアルと強烈な姿を見せ、ホワイトバージョンではナチュラルなヘアーとメイクアップでメンバーの清純で自然な魅力を誇示した。FIESTARはカムバックを控えて、まず大衆と電撃的な出会いの場を持つなど、ファンとの積極的なスキンシップを展開している。

昨年デビューしたニューフェイスのガールズグループLovelyzも長い空白を経ずに、いち早いカムバックを知らせた。Lovelyzは3月3日にリパッケージアルバムを発表して活動に突入する。Lovelyzは昨年、タイトル曲『Candy Jelly Love』で清純ガールズグループの誕生を知らせた。彼女たちはティーザー写真で特有の純粋なさわやかさを前面に出して、「清純ガールズグループ」の人気に続くという意志を表わした。所属事務所WOOLLIMエンターテインメント側は、「デビュー曲『Candy Jelly Love』の活動で、Lovelyzが初めて人々に挨拶したとすると、今回のリパッケージアルバムはもう一歩踏み出して、チームの魅力を伝える活動になるだろう」と明らかにした。

今年のはじめ、新人ガールズグループSONAMOOが活発な活動を繰り広げて強大なガールズグループの誕生を知らせ、EXIDの熱風が続き、4Minuteが『Crazy』で音楽番組1位にランキングして、ガールズグループパワーを立証した。2015年新年、歌謡界の「超人気ガールズグループ」はどのグループになるだろうか。