Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆『無限挑戦-TOTO歌』、★たちも応えた、「なぜこんなに涙が出るんだろう」

『無限挑戦-土曜日・土曜日は歌手だ』(以下『TOTO歌』)』の熱気にスターたちも熱く応えた。

3日に放送されたMBC『無限挑戦-土曜日・土曜日は歌手だ』では、『TOTO歌』の最終回が描かれた。この日、番組にはJINUSEAN、COOL、チョ・ソンモ、オム・ジョンファ、イ・ジョンヒョン、ソ・チャンフィ、キム・ゴンモなどが華麗な舞台を披露した。

視聴者の反応は爆発的だった。この日に放送された『TOTO歌』第2部は、22.2%の全国視聴率を記録して視聴率20%を突破した。視聴者の関心ほどにスターの関心も熱かった。『TOTO歌』を見たスターたちは、自分自身のSNSに視聴した感想を書き込んで、視聴者たちと喜びと感激を共にした。

チ・ソクチンは、「スケジュールのために今見た『TOTO歌』! 私に何をして涙が出るのだろう? この舞台を見て、私に追憶以上のものを贈ってくれた」とし、「オム・ジョンファが私を泣かせてTurboが、JINUSEANが、COOLが、チョ・ソンモが、S.E.S.が、イ・ジョンヒョンが、ソ・チャンフィが、キム・ヒョンジョンが、キム・ゴンモが今日私をなぶった。再び出てきてぜひ〜アルバムを出して、ぜひ〜 とても感動でした〜 まだ余韻が去らない」と感激を表わした。


オム・ジョンファ『裏切りのバラ』と『ポイズン』、Turboの『僕の幼い頃の夢』『黒い猫』『ツイストキング』等、たくさんの90年代のヒット曲を作曲したスター作曲家チュ・ヨンフンは、異色な感想を伝えた。チュ・ヨンフンは、「『TOTO歌』を見て私の青春時代のたくさんの思い出がかすめます。あの音楽と共に送った私の20〜30代」とし、「楽しい音楽なのに涙が出ます。あの時期の半分以上を録音スタジオで送った頃〜 感謝してまた感謝します」と感想を明らかにした。

90年代のスターが織り成す土曜日の夜の熱気、「感激・涙・幸福」
SUPER JUNIORのイトゥクは先輩歌手たちに、尊敬と共に格別な覚悟を伝えた。イトゥクはSNSに、「『無限挑戦TOTO歌』、僕の夢、僕たちの偶像だった先輩たちの姿を見て、思わず涙がボロボロ。あなたたちを見て僕は夢を育てました。感謝し尊敬しています。僕の姿をまた他の誰かが見て夢を育てられるように努力します」と書き込んだ。

俳優チュウォンは、「幼い頃に歌謡番組は必ず見た。歌も一緒に歌って踊ったりもした。『無限挑戦TOTO歌』を見て涙もポロリと出てとてもうれしかった。一方では僕も後で誰かにこんな思い出となれば良いと考えた。本当に良かった」と書き込んだ。

『TOTO歌』実力評価に出演して話題を集めたイ・ヒョリは、『TOTO歌』を見て興奮を抑えることができない姿が笑いを誘った。イ・ヒョリの夫であるイ・サンスンはSNSに、イ・ヒョリが『TOTO歌』を見て楽しそうに踊る姿を動画で公開して大きな笑いを贈った。

ジョン・パクは、「JINUSEAN先輩、僕をあげます」とSNSに書き込んで、JINUSEANのカリスマにハマった様子を表わして笑いを誘った。

視聴率調査会社TNMSによれば、この日に放送された『TOTO歌』最高の1分はキム・ゴンモ、Turbo、COOL、ソ・チャンフィ、JINUSEAN、イ・ジョンヒョン、オム・ジョンファ、チョ・ソンモ、S.E.S.などの出演した歌手が一堂に会してアンコールで歌った『ツイストキング』だった。