Home > K-POP > ミュージックストーリ

◆ N.EX.T、故シン・ヘチョルを偲んで涙…5千人の観客が共に泣いた

N.EX.Tもコンサートに訪れた約5千人の観客も、故シン・ヘチョルを偲んで共に泣いた。27日午後、ソウル安岩洞の高麗大学化汀体育館で、N.EX.T Utd.のコンサート(副題「ウナギの夢」)が開催された。公演にはシン・ヘチョルの家族と約5千人余りの観客が訪れて、N.EX.Tと故シン・ヘチョルの音楽に熱狂して故人を称えた。

公演の1、2部は故シン・ヘチョルと同時代に活動したり、音楽で交流したシン・ソンウ、イ・ス、ホン・ギョンミン、キム・ジンピョ、キム・ウォンジュン、エメラルドキャッスルのジウ、K2のキム・ソンミョン、ピョン・ジェウォン、CRASHのアン・フンチャンなど、芸能界の仲間が故人に代わった。舞台を掌握する強烈なロックから感性バラードまで、故シン・ヘチョルの幅広い音楽が観客の追憶を呼び覚ました。

3部はN.EX.Tの栄光を共にした過去のメンバーたち、そしてシン・ヘチョルが最後まで音楽的情熱を燃やして再結成したN.EX.T Utd.のメンバーが一団となった。N.EX.T Utd.の現ボーカルであるイ・ヒョンソプは、N.EX.Tのこれまでの曲とシン・ヘチョルのソロ曲をステージで公開した。

イ・ヒョンソプは故シン・ヘチョルに送る歌として、ピアニストである故シン・ヘチョルの親戚と『日常での招待』を歌った。イ・ヒョンソプは声がつまり、ついには歌にならずに涙を流した。

観客も『飛べひよこ』で故シン・ヘチョルを偲んだ。故シン・ヘチョルが家族たちと幸せそうに笑う姿、子供たちを愛おしそうな表情で見つめる姿、妻と熱いキスを交わす姿、くつろいだ寝巻姿、舞台の上で観客に囲まれて幸せそうな姿がスクリーンで上映された。観客は静かに一緒に歌を歌って故人を偲び、共に泣いた。


イ・ヒョンソプは、「ヘチョルさんに三回ほど、生きることが辛いと愚痴をこぼした。激しく泣いた。

2回目までは話を聞いてくれたが、3回目からはぶつぶつ言うのはそれまでにしろと言われた。とても怒られた。あのとき怒られなければ今の僕はなかっただろう。ヘチョルさんがいなくても、僕たちはちゃんと暮らしてちゃんと食べて、ちゃんと寝て遊んでいるので、心配しないように見せてあげよう」と話し、観客は力強い叫び声で応えた。

今回のコンサートは故シン・ヘチョルが生前に最後まで準備していた公演で、今年約6年ぶりに再結成したグループN.EX.T Utd.が故人の意志を継いで主導している。歴代N.EX.Tのメンバーが共感し、初めて一堂に会して意義を高め、MC the Maxのイ・スをはじめとしてシン・ソンウ、キム・ジンピョ、キム・ウォンジュン、ホン・ギョンミン、K2キム・ソンミョン、CRASHのアン・フンチャン、ピョン・ジェウォンなど歌手仲間がスペシャルボーカルとして参加して故人に代わった。

このコンサートで発生する故シン・ヘチョルの収益金は、遺族と所属事務所、N.EX.T Utd.のメンバーが協議して、故人の二人の子供たちのために奨学金として使用される。