Home > ムービー[映画] > 映画紹介 > シン・ソッキブルース

     シン・ソッキブルース     
シン・ソッキブルース(신석기블루스, 2004)

監督:キム・トヒョク
出演:イ・ソンジェキム・ヒョンジュ
ジャンル:コメディ、ヒューマン
(2004年 12月 30日 封切り)
絶世の醜男シン・ソッキの愉快な人生別曲

順風満帆な人生をそっくりひっくり返す大型事故

命をひとつひょいっと拾って、人生がすべて狂った!

エレべーターの墜落事故で名前は同じだが外見に雲泥の差がある2人の男が病院に運ばれる。

昔から美人薄命とは言うが。
男前のシン・ソッキ(イ・チョンヒョク)は植物人間状態に陥り、醜男のシン・ソッキ(イ・ソンジェ)だけが意識を取り戻す。で、この男、顔がぶさいくだと大騒ぎする。医者はあきれる。

「軽い擦り傷ですよ?」理由はつまり、2人が入れ替わってしまったから。

醜男なのよりその生活ぶりが更にひどい。

適応不可能、収拾不可能、空いた口がふさがらない代理人生。

絶世のぶ男であり体の弱い体の持ち主は、生きていくのもぎりぎりの貧乏人、国選弁護士。いろいろおまけのつく負け組である。

鼻穴くらいの事務所にお金にならない依頼人、妻でもある秘書(シニ)は分をわきまえずに生意気で、口うるさい市場の商人はうっとうしくも親しいふりをする。

大企業の法務チーム長として意気揚々と生きてきたシン・ソッキは自殺しようとするが、こいつの体では死ぬこともばかばかしい。

とても耐え難い依頼人、害を及ぼして助けるふりをするというけど、この場に来て何を選んでいられるか!

「信頼できない外見」のせいで訴訟の依頼が全く来ず、寒くてお腹を空かせていたある日、彼のもとに遂にお金になる依頼人が現れる。

それはよりによって元の体の時に、自分が出したリストラ案で不当解雇された案内デスク嬢のソ・ジニョン(キム・ヒョンジュ)だった。しかしぶ男と魂が入れ替わった彼に気づかない模様。

シン・ソッキはジニョンの合意金を狙い、柄にもない人権弁護士のふりを始めるが・・・・。




  [ シン・ソッキブルース 関連商品検索 ]  [ シン・ソッキブルース 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]
:::最新 シン・ソッキブルース 関連ニュース:::
イ・ソンジェ−キム・ヒョンジュ主演の‘シン・ソッキブルース’記者懇談会が行 2004/12/21(Tue) 20:27