Home > ムービー[映画] > 映画紹介 > YMCA野球団

     YMCA野球団     
YMCA野球団 (YMCA야구단)(2002)

監督: キム・ヒョンソク
出演: ソン・ガンホキム・ヘス, ファン・ジョンミン
ジャンル: ドラマ
勉強より運動が好きなホチャンは、若い時代の唯一の夢だった科挙制度が廃止されると、人生の目標を失って一日一日を送る。ホチャンの兄は、時代的うっぷんを抑えることができずに義兵活動をするために家を出てしまい、彼の父は開化勢力に滞って官職をやめて寺小屋を運営する。
ある日、YMCA会館で野球をする女性ジョンニムと宣教師たちの姿を見たホチャンは、野球に対する好奇心とジョンニムに対する好感を持つようになる。ホチャンの父はホチャンに寺小屋を引き継ぐのを勧めるが、ホチャンはジョンニムに対する感情をはぐくみながら、野球の魅力にとりつかれる。ホチャンとホチャンの竹馬の友であるクァンテ、日本の留学生出身テヒョン、ジョンニムを中心に朝鮮最初の野球団である『YMCA野球団』が結成される。

YMCA野球団は、連戦連勝の最強の野球団の地位を占め、ファンソン市民の人気を一身に受けるようになる。そんな折、朝鮮は日本の強圧によって乙巳条約を締結するようになり、これに憤ったジョンニムの父は自決する。

乙巳条約締結以後、YMCA野球団の練習場が日本軍の駐屯地に変わったのをきっかけに、YMCA野球団は日本軍のクラブチーム城南クラブと1次対決をするようになる。しかし試合前日、親日派にテロを敢行して負傷した投手テヒョンは力が出し切れず、ホチャンも庭先の物干し竿に干してある野球服を見付けて試合を観戦しに来た父の目を避けるために実力発揮をすることができなくて、YMCA野球団は日本チームに完敗してしまう。

野球団の主将テヒョンは、日本チームの主将カツノリに再対決を申し込むが、テロ事件の全貌がばれてテヒョンとテロにかかわりあっていたジョンニムは日本軍に追い回されるようになり、YMCA野球団は解体される。気落ちしたホチャンは故郷に戻り、父について寺小屋の仕事をするが…。




  [ YMCA野球団 関連商品検索 ]  [ YMCA野球団 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]