Home > ムービー[映画] > 映画紹介 > 神と共に−罪と罰(신과함께-죄와 벌, Along With the Gods:The Two Worlds, 2017)

     神と共に−罪と罰(신과함께-죄와 벌, Along With the Gods:The Two Worlds, 2017)     
神と共に−罪と罰(신과함께-죄와 벌, Along With the Gods:The Two Worlds, 2017)
公開:2017年12月20日
ジャンル:ファンタジー、ドラマ
監督:キム・ヨンファ
出演:ハ・ジョンウ、チャ・テヒョン、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、キム・ドンウク、オ・ダルス、イム・ウォニ、ディオ(EXO)
あの世の法によると、すべての人間は死後49日間に7回の裁判を経なければならない。殺人、怠惰、偽り、不義、裏切り、暴力、天倫など7つの地獄で7回の裁判を無事に通過した亡者だけが転生して新しい生活を始めることができる。

「キム・ジャホンさんは、今日予定通り無事死亡されました」

火災事故の現場で女の子を助けながら死を迎えた消防士のジャホン。彼の前に死神のヘウォンメクとドクチュンが現れた。自分の死がまだ信じられないのに、ドクチュンは正義の死神で、身分の高い人だと言って彼を守った。あの世に行く入口、チョグン門で彼を待っていたもう一人の死神、彼は死神たちのリーダーで、これからジャホンが受ける7つの裁判で弁護を引き受ける弁護士でもある。

閻魔大王に千年間49人の死者を転生させると、自分たちも人間に転生させてくれるという約束を受けた3人の死神たち、彼らは自分が弁護して護衛しなければなら48番目の亡者で、19年ぶりに現れた正義感の強い貴人ジャホンが生まれ変わることを確信していたが、各地獄でジャホンの過去が一つひとつ明かされ、予期せぬ苦難に遭遇するのだが…。

想像を絶する神の世界!見たこともなく、見ることもできないあの世の世界が目の前に繰り広げられる!

誰もが行くが、誰も見たことのない世界がスクリーンに繰り広げられる。同名ウェブ漫画を映画化した『神と共に』は、人間は死後、あの世で異なる地獄を経験するという韓国的死後世界観をベースにしている。

韓国固有の伝統的説話に新鮮な想像力を加えて、魅力的なキャラクターたちが加勢した映画『神と共に』。この世とあの世、生と死の境界を行き来する壮大な物語を通じて新しい次元の楽しさと感動を贈る。

  [ 神と共に−罪と罰 関連商品検索 ]  [ 神と共に−罪と罰 関連ニュース検索 ]   [ 戻る ]