Home > エンターテイメント > スターインタビュー > 国民的かわい子ちゃんミナは綺麗だった…次は助演でもいい。 

国民的かわい子ちゃんミナは綺麗だった…次は助演でもいい。 



「知彼知己百戦百勝」。「我を知り、敵を知る」は、決して言うほど易しくはない。 しかし、SBSのドラマ『美女コン・シム』を終えてから会ったミナ(23)は、早くも百戦百勝の戦闘態勢に武装していた。   

実際に会ったミナの最高の長所は「知彼」より我を知るという「知己」が強いこと。 アイドルから女優として初主演作を成功裡に終えて、陶酔しているかと思ったが、冷静だった。 「10点満点の4点ぐらい」

自ら演技点数を付けたミナは、ただ「自分は、コン・シムに似合うミナだっただけ」とし「今私ができる役は、そんなに多くない」と、評価した。  

『美女コン・シム』は、初めは大した期待作ではなかった。 ドラマの主人公“コン・シム”を、ミナにキャスティングしたのはSBSでも賭博に近い挑戦だった。 演技経験がほとんど無く、グループGirl’s Dayのメンバーとして音楽放送やバラエティ番組でのイメージが強かった。 放送前「何でミナが主人公なんだ」という非難が続いた理由だ。  

「私も心配。 主人公と聞いて『私で大丈夫?』と、聞き返しながら台本を読んだ」

不足な点を知っているから怖くて、負担も大きかった。 だから「最後のシーンまで緊張し続けた」と、話した。  

しかしそれは杞憂に終わった。 『美女コン・シム』は、アイドルから“演技アイドル”になったミナの再発見が最も大きな成果だ。 トレードマークのアイラインを消して、クレオパトラのようなおかっぱのかつらをかぶるなど、可愛さを放棄する真正性と説得力のある感情演技でミナは、週末ドラマの“かわい子ちゃん”となった。 

家でも社会でも疎んじられていた醜いアヒルの子コン・シムが、白鳥になる過程は人間パン・ミナが愛される芸能人ミナとなる過程にも似ている。 デビュー初めにグループの不振でGirl’s Dayを知らせようと、バラエティ番組で誇張した愛嬌と溌剌さでイメージを消尽し、「ブリッコ」「ブス」などの非難を浴びた。  

「あの時は、自分の気持ちを管理できなかった。 今思えば可哀想。 若かったから、愛させもむずかしかった、そういう時に良くない言葉で傷ついた。 それも少しじゃなかった…。 直しながら過ごせたら良かったんだけど、つらさが後から来て一時は多くのことを回避していた。 今も傷つかない方法は知らないけど、もう少し落ち着いて考えられるようになった」 

「次を考えなければ、負担を感じる必要がないでしょ。 ドラマを撮りながらも果たして私が今後ずっと演技に挑戦しても良いのか、ひどく悩んだ。 諦めようかとも思ったが、また次を心配する私を見ると、明らかに欲があり、またやるだろうと思う。 今回は主演だったが、次は助演でも良い。 女優として急ぐより、少しづつ準備してお見せしたい」