Home > エンターテイメント > スターインタビュー > 実力派ボーカルグループReve(レイヴ)いよいよデビュー

実力派ボーカルグループReve(レイヴ)いよいよデビュー
リポーター:お元気ですか。リポーターのチョン・ウォニです。ここに高く舞い上がることだけ これから日本での躍進が期待されている  イケメングループがいます。デビュー前に彼らに会えたのは本当にラッキーです。グループREVE  REVE をお迎えしました。こんにちは〜〜〜

全員:こんにちは〜

リポーター:はい、日本語でも挨拶を準備されたということです!

全員:チームの挨拶を先にいたします。REVEです。

リポーター:あ、挨拶も本当にステキです。REVEの5人ですね。リーダーはどなたですか? REVEの紹介をお願いします。

リーダーショー:こんにちは。僕たちはREVEです。僕たちは来月デビューする予定ですが、、まず映像で皆さんにお会いすることが出来て、とても嬉しいです。(全員一緒に拍手して歓呼)僕たちのことを簡単に説明すると、チームの名は“REVE”と言い、フランス語で“夢”という意味です。皆さんには今後僕たちの歌をお聴かせすることになると思いますが、皆さんに僕たちの姿よりまず先に歌で記憶してもらえることを願う、僕たちの気持ちを込めてチーム名をつけました。まだ僕たちは足りない部分も多いですが、今後僕たちの夢に向かって一生懸命努力しますので、どうぞ“REVE”を応援してください。





リポーター:フランス語で夢という意味でしたか。グループ名も本当に素敵ですね。インタビュー前に少し歌を聴かせていただきました。日本語で歌ってましたが、デビューも日本でするということですが、デビューはいつですか?

セン:デビューは7/2日、青山DDDホールという場所でショーケースと1st公演の開催とともにスタートします。ショーケース40分、1st公演1時間半で1st公演では14曲ほど歌うことになります。

リポーター:本当にたくさんの曲を歌うようですが、練習期間はどのくらいでしたか?

ウィン:各自の練習期間はバラバラですが、一緒に朝から晩まで毎日11時間、1年ほど呼吸を合わせて練習しました。

リポーター:各自の担当するパートが違うと思いますが、一人ずつ担当するパートを紹介して下さい。

ショー:僕はチームでボーカルと作曲を担当しているショーです。

かずき:ラップとボーカルを担当しているかずきです。

ウィン:ラップとボーカルを担当しているウィンです。

ウォニ:こんにちは。僕はチームでボーカルと作詞、そして元気担当のウォニです。よろしくお願いします。

セン:僕はボーカルと楽器、そしてチームでのセクシーさを担当しているセンです。よろしくお願いします。

リポーター:セクシーさ…はい、ありがとうございます。一番気になるのがデビュー曲はどんな曲かということですが。どんな曲でしょう?

ウォニ:僕たちのデビュー曲は『ブランド・ニュー・デイ』という曲です。僕たちの音楽で新しい世の中を一緒に作ろうという思いを盛り込んでいる曲で、僕たちのグループ名が夢ですよね?僕たちの音楽で一緒に素晴らしい夢を見よう!というREVEだけの夢を盛り込んだ曲です。

リポーター:どんなジャンルでしょう?

ウォニ:バンドミュージックです。僕たちは様々なジャンルを考えてみましたがダンスはあまり得意ではないので、バンドミュージックでやることにしました。

リポーター:すでに期待しています。1小節だけでも聴くことができますか?

ショー:ウーン…それではメイン曲のハイライト部分だけ短く〜〜〜〜

リポーター:わー! 本当にすばらしいです。ライブで歌が聴けるこの時間が一番幸せです。歌手は歌詞に付いて行くというでしょう。グループ名もそうですし、歌もそうですし、本当に高く高く舞い上がることでしょう。そして、皆さんとても美男子ですが、ロールモデルが誰なのかが気になります。

ショー:僕たちがチームでロールモデルとしている歌手は、皆さんも知っている“One Direction”というグループです。なぜ僕たちがOne Directionをロールモデルにしたかというと、One Directionのステージを見るといつも何よりも観客とのコミュニケーションを優先していて、楽しくてしかも歌の上手なミュージシャンだと思ったので、僕たちもそのようになりたいという夢を持つようになりました。

リポーター:それでは各自、個人的にロールモデルがいると思いますが。お聞きしてもよろしいですか?

ショー:僕は“セリーヌ・ディオン”という歌手をロールモデルにしていますが、自分の気持ちを精一杯尽くして歌って、自身の声で相手に伝えるということがどういうことかを教えてくれた歌手です。

かずき:僕はリーダーのショー君がロールモデルです。ショー君のような歌手になりたいです。

ウィン:僕は韓国ラッパーの“サイモン・リー”です。僕がラップを始めることになったのもサイモン・リーがラップするのを見てからです。

ウォニ:僕は俳優でありサーティー・セカンズ・トゥー・マーズのボーカルであるジャレッド・レットを一番尊敬しています。僕はバンドミュージックが好きなので、いつも彼の歌を聴きながら練習した記憶があります。俳優としても『スーサイド・スクワッド』でジョーカー役を演じて認知度が高まった方です。僕も『スーサイド・スクワッド』をぜひ観たいので、日本でぜひ観る機会があると良いです。

セン:僕はブライアン・マックナイトというポップ歌手の1人で、ブライアン・マックナイトはボーカルでありながらいろいろな楽器を演奏でき、作詞・作曲も出来るという多才な人です。僕も彼のように万能に活躍できる人になりたいです。

リポーター:ファンが一番関心があるのが理想の人についてですが、理想はどんな…

ショー:僕の理想は何でも面倒がらない積極的な女性です。

かずき:僕は話しが下手なので話が上手で明るい性格が良いです。

ウィン:僕は見ているだけでも自ずと微笑が浮かぶような女性が好きです。

ウォニ:僕は僕と会話がよく通じて楽しく、一緒に楽しむかわいいスタイルです。

セン:僕もかわいくて一緒にいると心が安らぐ人が良いです。
リポーター:まだデビュー前なので、理想の人に関する答えは積極的にはできませんね。練習は全員が集まって合宿して1年余りを過ごしながら、楽しい時も辛い時もあって忘れることができないエピソードもたくさんあったでしょうが、いくつかだけ話していただけますか?

ウォニ:エピソードは本当に多いですがその一つを挙げるなら、厳しい寒さで辛い時にラジエータ(ストーブ)を一つ購入したのですが、1ヶ月で故障したので修理に出して、戻ってきたラジエータがまた他の部分が故障して修理に出したところ1ヶ月以上も戻ってこなくて、結局冬が終わる頃に戻ってきたためにその間は本当に寒くて苦労しました。

セン:インターネットショッピングが好きなリーダーショー君の話です。特に服を買うのが好きなショー君は、注文した服にほぼ90%満足することができずに返品・交換を繰り返しています。おそらく返品、交換した商品の金額を合わせると、ブランド品の服をひとつ買うことができる価格になると思いますね

リポーター:ショーさんがターゲットになってしまいましたが、このままやられるばかりではないでしょう? 寝癖がひどいとか、そんなメンバーはいませんか?

ショー:変わった寝癖はありませんが、センさんのいびきがストレスを招くほどに激しいです。しかし手で撫でるとたちまち静かになります。

リポーター:和気あいあいとした雰囲気がいいですね。日本でのデビューを控えているので、活動計画について一言お願いします。
>
ショー:日本での活動計画は日本語でかずきさんが伝えます。

かずき:6月22日に日本に行って、6月23日、24日とレコーディング、28日にミュージックビデオの撮影を行い、7月2日にショーケースを皮切りに本格的な活動が続く予定なので、沢山の応援お願いします。

リポーター:最後にどんな歌手になりたいかというその覚悟を一言ずつ聞いてみましょう。

ショー:僕たち全員は、まず皆さんと最も近い場所で共にできるように努力する歌手になるように努力します。よろしくお願いします。

かずき:僕はショー君のような歌手になるように努力します。
ウィン:僕は兄さんたちより練習量が不足してるので、不足な部分を埋め合わせながら努力する素晴らしい姿を見せられるように努力します。

ウォニ:長く待ち望んだデビューなので、皆さんと一緒に花道だけを歩きたい気持ちです。僕たちと一緒に楽しめるREVEになります。

セン:皆さんとの出会いをドキドキしながら待っていたので、より一層近くでコミュニケーションを図りながら努力するREVEになります。