Home > エンターテイメント > スターインタビュー > パク・ユチョン「『海霧』、今後こんな機会がまた来るだろうか」

パク・ユチョン「『海霧』、今後こんな機会がまた来るだろうか」
『海霧』を見てみると、意外な比重だと思った。映画は劇中チョルジュ(キム・ユンソク)とドンシク(パク・ユチョン)の2キャラクターの対決構図でコンパクトに編集されていた。演技派俳優らが演じた各々のキャラクターがそれぞれ自分の役割を果たしていたが、スクリーンデビューというタイトルで登場するパク・ユチョンに与えられた比重は期待以上だった。

デビュー10年を超えたアイドルで韓流トップスターJYJのメンバーパク・ユチョンの初スクリーンデビュー作『海霧』は、6人の船員らがチョンジン号という古い魚船で起こす死闘を描く。映画の中でパク・ユチョンは華やかなアイドルではなく、純朴なチョンジン号の一番年下の船員ドンシクそのものだ。同じ人なのかと思うほど真っ黒な顔、粗野な作業服、味のある全羅道(チョンラド)弁でアイドルの姿を消している。ドラマで溌剌とした、シャープなキャラクターを演じていた姿とはまた違う顔で新鮮な衝撃を抱かせる。

映画の公開を前に会見したパク・ユチョンは限りないひたむきさやはばかりのない正直さ、冷静でシニカルな視線、親しみのある29歳の青年まで多様な一面を表した。映画と演技に対する態度は慎重だが、恋愛や結婚に対しては胸はやる間違いなく同世代の青年のようだった。また自分に対する評価や作業的活動については冷静なほど客観的な反面、JYJのメンバーに対する気持ちは多情で気兼ねがなかった。

初映画の試写会後、観客の反応が気になったと話していたパク・ユチョンは「多様な反応があるだろうと思った。幸いあまり悪口を言われなくてよかった」と淡々と話した。自分が映画『海霧』と、共に演じた先輩に迷惑がかからなければそれで満足という無欲な願いだ。

自らに厳格なものさしを突きつける完璧主義者なのかと思い、問うと「映画の公開を前に緊張もするし、待っている気持ちも大きい。待っている間気持ちが何回も交差した。完璧主義者ではないが、評価に大きくこだわらないように気持ちを落ち着けた。僕を信じて使ってくれた監督や推薦してくれた先輩に迷惑がかからなければ、それで満足しようと思っている。大きな欲はない。アルバム発売もしたが活動に大きな欲がないように、上手くいけばいいが大きくこだわらないようにしている」

初映画なだけにスクリーンで自分の姿を見る感じについて、パク・ユチョンは「ぎこちなくて変だ」と笑った。本人自らも非常に待ちこがれて緊張したが、周囲からもデビュー作だと強調される言葉が多くてさらに緊張したという。「このように良い映画に一緒に出来てよかった。本当に有難く運も良かったようだ。初作品をこのように良い映画、良い先輩たちと出会えて本当にラッキーだと思う。人生にこんな機会はあまりないというが、もう二度と来ない機会だと思う」

『海霧』の制作段階から関心を集めた制作者ポン・ジュノ監督との初対面について、パク・ユチョンは「素敵な声がうらやましかった」と話した。映画の撮影現場で初めて会ったポン・ジュノ監督のソフトで素敵な声はとても印象的だったという。その後“ポン・テイル”という別名がなぜ生まれたのか理解が出来るほど、細やかな主眼に驚いたという。パク・ユチョンはポン・ジュノ監督からディテールな視線を、シム・ソンボ監督から感情的な視線を学んだ意味のある現場だったと話した。

映画でキム・ユンソクとツートップの分量と比重を見せたパク・ユチョンは「主演とか、比重が大きいとか、本当に一度も考えたことがない」とし「むしろ映画が公開されてインタビューで比重に対する質問を受けて比重について考えるようになった」と話した。但しドンシクキャラクターのため体重を増やして方言を演じ、感情線をどのように掴んでいくかだけは悩んだという。彼はチョンジン号、6人の船員、そして紅梅皆が『海霧』の主人公だと話した。
映画『海霧』(해무)の紹介
ベールを脱いだ『海霧』、今夏の韓国映画ビッグヒット成るか?
JYJ2ndフルアルバム『JUST US』リリース記念サイン会
【関連の映像見に行く】
『海霧』パク・ユチョン「方言の演技が心配で猛練習した」


芸能界デビュー10年を軽く超えたベテランエンターテイナーだが「公式的な席へのプレッシャーが大きい」と内気な一面を見せた。「状況上、放送やラジオ出演が出来ないでいるが、それに対する渇きはない」というパク・ユチョンは「作品だけ忠実にしたい」と本音を明かした。29歳、しかし厄年という言葉は人生の結果について言い訳をするようで好きではないという彼は、自分の意志と努力を信じるようだ。

パク・ユチョンは今後の目標について「良い父になりたい」と意外な答えを出した。「良い父になれば良い俳優になれそうな漠然とした気がする。良い父になれば良い俳優がついて来そうな感じだ。何年前からか結婚についてよく考えるようになった。結婚っていうのはすごく大変じゃないかな。誰かと結婚を決めるっていうのもそうだし、一緒に生きるっていうのも大変だ。そんな風に誰かを責任もって自分の中に盛る器になれるなら俳優としての考えも変わって、高くというよりは広く深く積んで行くことが出来そうだ。父にとって僕は不出来な息子だったが、僕は良い父になって後悔しない家庭を築きたい」

自分の映画デビュー作が『海霧』となったことがとても幸せで満足だし、その作品の中に一緒に出来たことだけでも良いというパク・ユチョン。何本かのドラマを経てきたが、『海霧』は本当に特別な意味として残るだろうと自分の映画初出演作に対する愛情を切々と伝えた。