Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

イ・ウンジュなど 夭折俳優、作品再放映の熱い熱気!
去る22日1周忌を迎えた故イ・ウンジュを追憶する熱気が熱い。イ・ウンジュの1周忌を迎え映画専門のケーブル放送OCNはリバー・フェニックス、ジェイムス・ディーン、レスリー・チャンなどの若くして亡くなったスターたちの作品を振り返る時間を用意した。

来る3月 1日から 22日まで毎週水曜日の早朝 4時 30分に放映される『夭折俳優特集放送』にはリバー・フェニックスの『アイダホ』、ジェイムズ・ディーンの『理由なき反抗』、レスリー・チャンの『happy together』、イ・ウンジュの『こんにちは!UFO』が放送される。ジェームズ・ディーン、リバー・フェニックス、レスリー・チャン、イ・ウンジュの共通点は惜しくも短い生を終えたが私たちの記憶の中に長い間残っている立派な映画俳優であるという点。

ジェイムズ・ディーンは 1959年 9月 30日に交通事故で 24歳の短い生を終えた。
それまでに彼の残した作品は『ジャイアント』『エデンの東』『理由なき反抗』のたった三作品。しかし彼は亡くなってから半世紀が過ぎた今でも永遠の若者の偶像と呼ばれている。ジェイムズディーン以来、最高の青春のアイコンとして浮上したリバーフェニックスも 1993年に 23歳という若さで薬物中毒で死亡、全世界の映画ファンに大きな衝撃を投げかけた。

アジアのビックスターレスリー・チャンと忠武路の女優イ・ウンジュの自殺の知らせも映画ファンの胸を痛くした。特に去る 2月 22日はイ・ウンジュの1周忌を迎え、彼女を追慕するイベントがあちこちで行われた。

関連商品検索
戻る