Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

シン・ハギュン&チャン・ヒョク&カン・ハヌルが蘇らせる乱世の男たち!
シン・ハギュン&チャン・ヒョク&カン・ハヌルが蘇らせる乱世の男たち!
それぞれが違う欲望と野望を純粋に追いかけた3人の男の危険な三角形の構図『純粋の時代』


シン・ハギュンとチャン・ヒョク、そしてカン・ハヌルが変化する。時代劇での当然有り得る変身を越えて三人の俳優は、これまで観客が彼らから連想していたイメージとは180度異なる強烈なキャラクターで、ためらいなく観客に近づいた。シン・ハギュンはフィルモグラフィーでは初めてとなる時代劇で、将軍キム・ミンジェを通じて全軍を足元に率いた将軍のカリスマと、映画の主軸となるメローラインを主導する恋人の姿まで、二種類の相反した姿を違和感なく名不虚伝の演技力で伝える。

またチャン・ヒョクは映画とドラマを通じて、数えきれないほど描かれたキャラクターである李芳遠(イ・バンウォン)の新しい面を立体的に表現する。父に認められない息子の悲哀と、王座という目標に向けて血に染まることを恐れない決断力、そして水面下の密室で陰謀をたくらむ緻密さと卑劣さを同時に描く。

キム・ミンジェの息子であり太祖の婿であるジンを演じたカン・ハヌルは、欲望に従って女を蹂躪することをはばからない堕落した人物に扮し、彼に潜在しているとは観客はもちろん、彼自身も知らなかった野卑な面を惜しみなく見せる。純粋を追い求める将軍キム・ミンジェ、王座を追い求める王子・李芳遠、肉体の欲望を追い求める王の婿ジン。シン・ハギュンとチャン・ヒョク、カン・ハヌルが互いに共存し衝突して織り成す『純粋の時代』の危険な三角形の構図は、発見の面白さで満ちている。

剣でお互いを狙う血に染まった肉薄戦、朝鮮版リアルアクション「王子の乱」
純粋な愛、密室の取り引き、身体での対話、本格的な成人時代劇『純粋の時代』


将軍キム・ミンジェ。彼の戦場は生まれたばかりの王国・朝鮮を狙う女真族と倭寇に向けて休みなく剣を取らなければならない国境地帯の前線だけではない。
後方に戻ったときでさえ、自身を政権維持のための道具としか捉えない舅・鄭道伝(チョン・ドジョン)によって、休む隙もなく戦闘に出なければならなかった。王子・李芳遠もまた、世継ぎの位置からはずされた後、権力掌握の実弾となる私兵を育てて絶えず軍事訓練を繰り返す。国境線の戦闘と李芳遠のクーデターに該当する「王子の乱」など、『純粋の時代』は戦争時代劇では見ることができなかった強烈で写実的な男性的アクションを見せる。

外敵との戦争と王権をめぐる戦い、戦場の質は違っても画面を染める赤い血のリアルさはそのままの『純粋の時代』のアクションは、初の時代劇であるにもかかわらず馬上アクション、弓のアクション、剣のアクションなどを、高度に訓練された職業軍人らしいリアルさで見せたシン・ハギュンと、帝王の威厳を全身から吹きだすチャン・ヒョクのカリスマアクションで、現実であるほどの生々しさを感じさせる。王座と権力への野望時代の只中に咲いた将軍キム・ミンジェの純粋な愛、妓女カヒとのラブシーンもまた、自分自身の意志で何かを望んだことが一度もなかった彼の純粋を加減ない身体の対話で示して、完全な純粋さを観客に伝える。血の色のリアルなアクションとラブシーン。『純粋の時代』は乱世を背景に咲いた野望と純粋、二種類の強烈な感情を観覧等級に妥協せずにリアルに伝え、本格的な成人時代劇の新しい世界を展開した。

戻る