Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

大韓民国を揺るがした幹細胞捏造スキャンダル映画『情報提供者』の俳優二人
大韓民国を揺るがした幹細胞捏造スキャンダル映画『情報提供者』の俳優二人
「本当に魅力的なキャラクター!」パク・ヘイルを魅了したユン・ミンチョルって誰?!
ジャンル不問、キャラクター不問!吸引力のある演技派俳優パク・ヘイル、
鋭いカリスマの時事番組PDに扮し、スクリーン占領予告!


韓国映画界を代表する演技派俳優パク・ヘイルが時事番組PDユン・ミンチョルに扮し、吸引力ある演技で観客の元を訪れる。『グエムル-漢江の怪物』『最終兵器 弓』『高齢化家族』『ウンギョ』など幅広いジャンルで多彩なキャラクターを自分だけのスタイルで完璧に吸収し、信頼できる俳優として観客から無限の信頼を得ているパク・ヘイル。彼が今回はマスコミ人に扮し、潜在するカリスマを噴出する。

「シナリオを読んだ後、我々が生活しているこの地の現実的な話に熱く共感し、魅了された」と出演を決めたきっかけを明かしたパク・ヘイル。彼は「やったことのない素材と放送局PDというキャラクター設定に好奇心が刺激され、魅力的に感じられた」とキャラクターに対する愛情を表した。パク・ヘイルが演じるユン・ミンチョルは真実のためならどんな外圧にもめげず粘り強く喰らいついて行く困難に屈しない人物で、冷徹な判断力と強烈なカリスマが引き立つ深い内面演技を披露するものと期待を集めている。

実際にパク・ヘイルはユン・ミンチョルキャラクターを準備するため放送局PDと会ってインタビューを行ったり、現場でPDの役割の全てを自ら感じながらキャラクターを準備したりと情熱的な姿を見せた。また彼は「『ワイキキブラザース』でデビューして以来、14年ぶりにイム・スンレ監督と息を合わせるという点に大きく好奇心を刺激され、結局映画を選択することになった」とイム・スンレ監督との格別な縁を明かし、二人の爆発的なシナジーを予告した。
出演のニュースだけでも観客に信頼感を抱かせる俳優パク・ヘイルの新しい演技変身で期待感が高まっている『情報提供者』はこの10月、大韓民国を熱くするまた一つの話題作として観客に披露される。

韓国映画界のブルーチップ、ユ・ヨンソク!
パク・ヘイルとの演技呼吸のため『情報提供者』への出演を決心!
初主演作『情報提供者』で良心の告白を宣言した研究チーム長として緻密な感情演技を披露する!


『情報提供者』で初主演を任されたユ・ヨンソクが真実を情報提供する研究チーム長シム・ミンホ役を演じ、一層深まった内面演技を披露し注目を集める。『オールドボーイ』でユ・ジテが演じたイ・ウジンの子役として印象深いデビューを果たして以来、『建築学概論』『オオカミ少年』『応答せよ1994』など様々な作品を経て自分だけのフィルモグラフィを構築してきたユ・ヨンソクは、今回の映画『情報提供者』で初主演を任され新しい演技跳躍を予告している。

ユ・ヨンソクは幹細胞の研究チーム長シム・ミンホ役のリアリティを活かすため、幹細胞と関連した医学分野の専門知識を徹底的に習得し、キャラクターを具体化するための努力を惜しまなかった。また彼は真実を明らかにするために情報提供をしたが、見えない脅威と世論の激しい非難に揺さぶられ苦悩するシム・ミンホキャラクターを繊細な眼差しと細密な感情演技でディテールに表現しきった。

特にユ・ヨンソクは証拠なしで衝撃的な情報提供をしなければならないシム・ミンホの劇的な状況を演じて先輩であるパク・ヘイルと火花の散るシナジーを発揮し、イム・スンレ監督はもちろん多くのスタッフから絶賛を得た。

普段からパク・ヘイルをロールモデルとして憧れてきたと明かしたユ・ヨンソクは、『情報提供者』のキャスティングオファーが来た当時、パク・ヘイルと息を合わせられる機会という話に躊躇なくシム・ミンホ役を引き受けたという。ユ・ヨンソクは撮影をしながら「一つの映画で一緒に呼吸をし、演技出来ることだけでも幸せだ」と溢れんばかりの感想を述べた。

大韓民国最高の演技派俳優パク・ヘイルとの熱い共演で期待を集めるユ・ヨンソクは、増幅が大きな心理演技でデビュー以来最も強烈な演技を披露し、観客のハートを鷲掴みにするだろう。
戻る