Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

超大型アクションアドベンチャー。『海賊:海に行った山賊』
2014映画界最高の活力素キム・ナムギル!
カッコよくて洗練された既存イメージに加わった茶目っ気たっぷりの男らしいキャラに注目!


映画『海賊:海に行った山賊』(以下『海賊』)が、キム・ナムギルとソン・イェジン2人の人気俳優の演技変身で話題となっている。映画『海賊』は朝鮮建国の半月前、クジラの襲撃で玉璽(ぎょくじ)が消えた前代未聞の事件をめぐって、玉璽を探す海賊と山賊、そして開国勢力が繰り広げる海上の痛快な大激戦を描いたアクションアドベンチャー。

先ずキム・ナムギル演じるチャン・サジョンは、伝説の山賊団の頭で華麗な剣術の腕前を持つ男の中の男だが、実は意欲だけが先走り、ちゃんとした盗みが一回も成功できていない間抜けなキャラクター。MBCドラマ『善徳女王』(2009)で、若く血気旺盛な権力者であり武術の達人ピダム役で大衆の人気を得たキム・ナムギルが、カッコよくて洗練された既存のイメージに加え茶目っ気たっぷりの男らしいキャラクターに変身し、さらに幅広い演技を繰り広げる。

最近チョン・ドヨンと共に映画『無頼漢』にキャスティングされ、映画界で最も活発な活動を繰り広げている俳優であることを確認させた彼は、映画『海賊』を通じ人気俳優の中で重厚な存在感を立証し、韓国映画界に活力を吹き込むものと思われる。

韓国映画界で独歩的な八色鳥女優ソン・イェジン!
初の高難度アクションに挑戦!演技進化の最後!


2014年夏、映画界の紅一点ソン・イェジン演じるヨウォルは朝鮮の海を制圧した海賊団の女頭で、美しい美貌はもちろん強烈なカリスマ性まで兼ね備えた人物。清純さ、セクシーさ、エレガントさ、キュートさなど八色鳥のような魅力で、どんな役でも自分のものとして完璧にこなす女優ソン・イェジンは、『海賊』で初の高難度アクションに挑戦し演技進化の最後を見せる。
イ・ソクフン監督が「ソン・イェジン以外の女優は思い浮かばなかった」と絶賛するほど、演技とアクションを見事に演じきった彼女。これまで見ることの出来なかった目新しい姿で映画界のトップ女優としての独歩的な存在感を確認させると同時に、自身の演技人生で頂点を極めるものと見られる。

第67回カンヌ映画祭のフィルムマーケットで15ヵ国最多先行販売を記録し、海外のバイヤーから「今年カンヌマーケットで見た韓国の時代劇映画の中で最も娯楽的で大衆にアピールする作品」という称賛を受け期待を集めている映画『海賊:海に行った山賊』は、2014年夏、老若男女全世代の観客の心を鷲掴みにする。



カリスマ海賊団vs意欲充満山賊団!
朝鮮の海で出会った海の主と地の主の対決構図!期待感UP!

公開されたスチールで海賊団は、独特な衣装と装いでカリスマ溢れるビジュアルを完成させ、朝鮮時代の海賊の姿を完璧に再現し見る者の想像力を刺激する。特に海を制圧する海賊団の女頭ヨウォル(ソン・イェジン)は、強烈な眼差しを放つ海賊のビジュアルとして期待感を増している。

これと違って山賊団は、海なんて一度も見たこともない彼らが海上で慌てふためく姿を表現し、コミカルで滑稽な表情で面白さを加える。特に伝説の山賊団の頭チャン・サジョン(キム・ナムギル)は、荒々しくて強い山賊イメージの固定観念を破る海上での間抜けな山賊の姿で笑いを誘う。

このように超豪華キャスティングで完成された俳優らの演技はもちろん、キャラクターのシナジーまで垣間見ることの出来るスチールを公開した映画『海賊』は、海賊団と山賊団の対決構図で興味を刺激し映画に対する関心を高めている。

映画『海賊:海に行った山賊』は2014年夏、爽快なアクションアドベンチャーで老若男女全世代の観客の心を鷲掴みにする。
戻る