Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

『逆鱗』 大韓民国を揺さぶる最高のマルチキャスティング!
“正祖”に完璧変身したヒョンビン。
チョン・ジェヨン、チョ・ジョンソク、ハン・ジミン、キム・ソンリョン、パク・ソンウン、チョン・ウンチェまで名俳優総出動!


『逆鱗』は大韓民国の名俳優らが集まった幻想のマルチキャスティングとして、瞬く間に2014年最高の話題作に上った。2012年の『泥棒たち』、2013年の『観相』に次ぐ最高のキャスティングは、すでに制作段階からマスコミやファンの間で爆発的な期待を受けている。

思悼世子(シドセジャ)の息子として暗殺の危険にさらされながらも、強靭さを失わない若い王正祖(チョンジョ)役はヒョンビンが演じ、演技人生初の時代劇に挑戦する。軍除隊後のスクリーン復帰作として『逆鱗』を選択したヒョンビンは、正祖に関する本を読み、剣術、弓術、馬術などのアクション演技にも挑戦してキャラクターに完全没頭し、イ・ジェギュ監督をはじめとする現場スタッフが“正祖そのもの”と称賛を送るほど完璧な演技を披露した。

正祖を最も近くで補筆し王の書庫を管理するサンチェク役は、優れた演技力でスクリーンを圧倒する俳優チョン・ジェヨンが演じた。正祖を暗殺しなければならない朝鮮最高の殺手(サルス)役は『建築学概論』『観相』で自身の存在感を輝かせた俳優チョ・ジョンソクが演じた。チョ・ジョンソクはこれまで見せなかったカリスマ溢れる姿で観客を鷲掴みにする。3人はそれぞれ生きなければならない王と生かそうとする者、殺そうとする者の中心に立ち、爆発的な化学反応を予告している。

また殺手を育てる秘密組織の主人クァンベク役にチョ・ジェヒョン、宮廷最高の野心家である貞純(チョンスン)王后役には悪役に挑戦するハン・ジミン、息子の正祖を守る恵慶宮洪氏(ヘギョングンホンシ)役にはキム・ソンリョン、謀反を明らかにするため力を尽くす禁衛営隊長ホン・グクヨン役にパク・ソンウン、秘密を抱き宮廷に入り込んだ洗踏房の宮中女官ウォルヘ役にチョン・ウンチェ。

名俳優らのキャスティングだけでも期待感を高めている『逆鱗』は、2014年の大韓民国を揺さぶる最高の話題作として観客を鷲掴みにすることだろう。
正祖を最も近くで補筆し王の書庫を管理するサンチェク役は、優れた演技力でスクリーンを圧倒する俳優チョン・ジェヨンが演じた。正祖を暗殺しなければならない朝鮮最高の殺手(サルス)役は『建築学概論』『観相』で自身の存在感を輝かせた俳優チョ・ジョンソクが演じた。チョ・ジョンソクはこれまで見せなかったカリスマ溢れる姿で観客を鷲掴みにする。3人はそれぞれ生きなければならない王と生かそうとする者、殺そうとする者の中心に立ち、爆発的な化学反応を予告している。

また殺手を育てる秘密組織の主人クァンベク役にチョ・ジェヒョン、宮廷最高の野心家である貞純(チョンスン)王后役には悪役に挑戦するハン・ジミン、息子の正祖を守る恵慶宮洪氏(ヘギョングンホンシ)役にはキム・ソンリョン、謀反を明らかにするため力を尽くす禁衛営隊長ホン・グクヨン役にパク・ソンウン、秘密を抱き宮廷に入り込んだ洗踏房の宮中女官ウォルヘ役にチョン・ウンチェ。

思悼世子(シドセジャ)の息子として暗殺の危険にさらされながらも、強靭さを失わない若い王正祖(チョンジョ)役はヒョンビンが演じ、演技人生初の時代劇に挑戦する。軍除隊後のスクリーン復帰作として『逆鱗』を選択したヒョンビンは、正祖に関する本を読み、剣術、弓術、馬術などのアクション演技にも挑戦してキャラクターに完全没頭し、イ・ジェギュ監督をはじめとする現場スタッフが“正祖そのもの”と称賛を送るほど完璧な演技を披露した。

歴史の中に隠された息詰まる24時間
1777年7月28日“精油逆変”の実話をモチーフにしたドラマチックなストーリー!


『逆鱗』は王の暗殺を巡って巻き起こる、生きなければならない者、殺そうとする者、生かそうとする者たちのすれ違う運命と歴史の中に隠された息詰まる24時間を描いた。このドラマチックなストーリーのモチーフとなった歴史的事件があったのだが、それがまさに1777年7月28日に起きた“精油逆変”だった。

“精油逆変”は正祖の即位1年である1777年7月28日の夜、なかなか寝付けない正祖が書庫かつ寝殿でもある尊賢閣(ジョンヒョンガク)でいつものように本を読んでいると、屋根の上から得体の知れない音が聞こえてきた。これをいぶかしく思った正祖がすぐにホン・グクヨンを呼んで捜査したところ、刺客が屋根の上に入り込んでいたという事実が分かり、これに連累したすべての者を罰したという事件だ。

この事件は刺客が王の寝殿深くまで忍び込んでいたという点で、朝鮮の歴史上最も致命的な暗殺事件として伝えられている。逆賊に追われ米櫃に閉じ込められて死んだ思悼世子の息子として王位についた正祖が経験した政治的状況や暗殺の危険を端的に示すこの事件に強い魅力を感じたチェ・ソンヒョン作家は、“精油逆変”にまつわる様々な人間群像の運命をモチーフにし、緊迫感あふれる24時間のストーリー『逆鱗』を誕生させた。

“精油逆変”をモチーフとしながら暗殺の危険にさらされていた正祖はもちろん、貞純王后や恵慶宮洪氏、ホン・グクヨンなど実存の人物を登場させると同時に、サンチェクや殺手、クァンベク、ウォルヘなど歴史的状況を基にした虚構の人物も加えドラマチックなストーリーを完成させた。『逆鱗』は激突する人物の運命の24時間という境界の中で密度の高いシークエンスと強烈なドラマでヒット時代劇ブームを続けるだろう。
戻る