Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

大韓民国ロマンチックコメディ史上初の超豪華キャスティング!映画『結婚前夜』
キム・ガンウ&キム・ヒョジン、イ・ヨニ&オク・テギョン、マ・ドンソク&クジャル、イ・ヒジュン&コ・ジュニそしてチュ・ジフン!

2013年、結婚7日前の4カップルのはらはらするマリッジブルーを描いた『結婚前夜』がロコ史上初の超豪華キャスティング(キム・ガンウ&キム・ヒョジン、イ・ヨニ&オク・テギョン、マ・ドンソク&クジャル、イ・ヒジュン&コ・ジュニそしてチュ・ジフン)で観客の注目を集中させている。

キム・ガンウ&キム・ヒョジンカップルは『結婚前夜』で、別れた後12年ぶりに再会し鳥肌の立つような愛情行為を繰り広げるが、結婚一週間前に互いの過去を知ることになり、パニック状態に陥り劇の緊張感を高める。恋愛7年目でこれ以上ときめかない感情に結婚を迷うイ・ヨニ&オク・テギョンカップルは、長く付き合った恋人なら一回ぐらいはしてみただろう燃え上がらない愛に対する悩みと共に、新しい人チュ・ジフンに出会ったイ・ヨニの内面の葛藤をリアルに描き出し、見る者の胸をはらはらさせる。

マ・ドンソク&クジャルカップルは多文化家庭が普遍化している最近、韓国とウズベキスタンの国際カップルとして登場する。彼らは大部分の国際カップルが経験していそうな問題の年齢や文化の差から来る誤解や葛藤を軽快に解き出し、映画に活力を吹き入れる。これに“マザコン”や“ファザコン”として登場するイ・ヒジュン&コ・ジュニカップルは、結婚準備中に家庭環境や価値観の違いで事あるごとにいざこざを起こす危なっかしいカップルとして弾けるような魅力を発散する。

このように大韓民国のネロといわれる9名の俳優が披露する個性のある魅力溢れるキャラクターは、観客の目を楽しませる一方でまるで自分の話を見るかのような無限の共感を引き出すことで期待を集めている。
『わが生涯で最も美しい一週間』『キム・ジョンウク探し』『私の妻のすべて』ロマンチックコメディの名家秀フィルム、13番目の作品!

『わが生涯で最も美しい一週間』『キム・ジョンウク探し』『私の妻のすべて』などの作品で大韓民国“ロマンチックコメディ(以下ロコ)の名家”と呼ばれる秀フィルムが、13番目の作品として『結婚前夜』を選んだ。

秀フィルムは、幼い子供の初恋から中年の恋までそれぞれ違うストーリーを持った7カップルが一週間の間繰り広げる物語を描いた『わが生涯で最も美しい一週間』(2005年)で全年齢層の観客の心を掴み、250万人以上の観客を動員し注目され始めた。

人気ミュージカルを映画化した『キム・ジョンウク探し』(2010年)で100万人以上の観客を動員し、食傷した素材から抜け出した斬新な変化と試みでロコ腐敗神話をつないでいた秀フィルムは、2012年に妻と離婚したい小心な夫がカサノバを探し妻を誘惑してほしいと頼んだことから巻き起こるエピソードを描いたロマンチックコメディ『私の妻のすべて』で460万人以上の観客を動員し、自他共に認めるロコの名家として位置づけられた。

2013年、秀フィルムが13番目に選んだ『結婚前夜』は、大韓民国の未婚男女の最大関心事の一つである“結婚”を話題に、結婚7日前に訪れるマリッジブルーという目新しい素材を通じ、再びロコ腐敗神話をつないでいく。
戻る