Home > ムービー[映画] > シネマスペシャル

2013年最も強烈な出会い、キム・ユンソク+ヨ・ジングの『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』
破格的題材、圧倒的なストーリーとビジュアル

『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』は5人の犯罪者の父を持つ少年ファイ(ヨ・ジング)と、彼の人生を根底から変えた犯罪集団の冷酷なリーダーであるソクテ(キム・ユンソク)、一発の銃声で全てが変わってしまった彼らの終焉に向かって疾走する葛藤と復讐を描いた映画だ。

チョン・ジュンファン監督の復帰作であり、演技派俳優の結集、確かなシナリオで制作段階から関心と期待を集めた『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』は、5人の犯罪者の父に育てられた少年という破格的な題材で、彼らにまつわる隠された真実とその過程の中で爆発する人間の内面を、吸引力のあるストーリーと強烈なアクション、力のある演出で描いた作品だ。

自身の過去を知らずに現実に順応して暮らしていた純粋な少年ファイ、彼にパパと呼ばれる犯罪集団の5人の男たちは、自分たちの方式で完全な家族の形態を成して暮らしてきた。しかしファイに関する秘密が明らかになって、危険な彼らの関係が崩れた瞬間、予測できない結末に向かって恐ろしい速度で疾走する『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』は、息つく隙のない展開と圧倒的なストーリー力で見る人を引き込む。そしてその中の純粋さと怒り、悲しみと愛憎を越えた幅広い振幅の感情線は、『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』ならではの感性が溶け込んだ強烈なドラマを完成した。

これまでどのような作品でも見ることのできなかった新鮮で破格的な題材を中心に、一寸先も予測できない興味深いドラマを強烈なビジュアルで表現した『ファイ:怪物を飲み込んだ子ども』は、2013年のウェルメイド大衆映画の傾向に続く作品として、観客に新しい世界を提示するだろう。
世代を越えた爆発的な演技のシナジー! キム・ユンソク+ヨ・ジング

『タチャ・イカサマ師』『チェイサー』『チョン・ウチ時空道士』『哀しき獣』『ワンドゥギ』『10人の泥棒たち』等の多彩な作品で、カリスマにあふれた姿と気さくな魅力を自由に行き来する卓越した演技力を見せて、大韓民国を代表する俳優に位置づけたキム・ユンソク。2006年にチョ・スンウとの『タチャ・イカサマ師』を始め、ハ・ジョンウ、カン・ドンウォン、ユ・アインなど若い俳優たちとの完ぺきな呼吸で観客の脳裏を掌握した俳優キム・ユンソクが、今回は最も若いパートナー、ヨ・ジングに出会って2013年の最も強烈な演技の呼吸を公開する。決して平凡ではない父と息子として出会い、互角に対立することになるソクテとファイ役のキム・ユンソクとヨ・ジングは、30歳に近い年齢差が面目を失う存在感とアンサンブルでスクリーンを掌握する。

『太陽を抱く月』『会いたい』などのドラマを通じて、すでに次世代スターであり演技派俳優としての可能性が検証されたヨ・ジングは、純粋なまなざしの中に悲しみと怒りが共存する深みのある表情と男性的な魅力で、ファイのキャラクターに強烈なエネルギーを吹き込んだ。そして冷静なカリスマで見る人に寒気を感じさせるソクテ役のキム・ユンソクは、韓国映画では見られなかったカラーのキャラクターに生命力を加え、忘れることのできない強烈で独自なキャラクターを結合した。

2013年、最も強烈なスクリーンへの挑戦を予告するヨ・ジングと、観客を圧倒するカリスマ俳優キム・ユンソク、世代を越えた二人の男性俳優が見せる演技の呼吸は、劇場を訪れる観客に簡単に忘れることのできない緊張感と戦慄を感じさせるだろう。
戻る